大天井は槍穂展望の一等地 2010/08/23(月) 01:15
8/21(土)、22(日)と燕、大天井に登ってきた。

一番の目的は燕だったけど、
燕はイマイチ天気が良くなく、
魅力を十分に味わえず、残念。

反対に大天井は晴天でその展望の素晴しさに感動した。
燕~大天井、常念までの稜線は槍穂の眺めが素晴しく、
激しいアップダウンも無く、お勧め。

今度は表銀座を槍まで歩き通したいな。

大天井にて

ルートなど
8/21 しゃくなげ荘~バス~中房温泉(12:10)→燕山荘(16:00テント泊)⇔燕岳往復
8/22 燕山荘 → 大天井岳 → 常念小屋 → 一の沢登山口 ~タクシー~しゃくなげ荘


本当は8/20にしゃくなげ荘まで移動し、朝一のバスに乗る予定だったが、
眠くて、恵那SAでちょいと休憩・・・のつもりが朝まで寝てしまい、
8/21の登山開始が昼になってしまった。

まー、いつものこと、しゃーないね。

山は午後にはガスが湧きやすく、
昼登山開始の伸二郎はあえなくガス祭に参加する羽目に。
楽しめたのはガスでもハッキリと形が分かる奇岩くらい。

晴れた燕岳に会いたかった。

燕 イルカ岩

あけて日曜は朝から素晴しい晴天。
柔らかな朝日が気持ちよかった。

朝焼けの燕山荘テン場

槍穂もクッキリ。
モルゲンロートに染まる槍穂。

本当はこんなにピンクく無かったけど、
カメラが勝手に盛り立てちゃったので、
このまま載せマッスル。

朝焼けの槍穂

爽やかな晴天の下、
気持ちの良い稜線歩き。

表銀座が人気なのが良く分かる。

途中にある蛙(ゲエロ)岩。
名前が面白いね。

蛙(ゲエロ)岩と槍

なだらかな稜線歩きを続けていくと、
でっかい大天井岳が目前に迫る。

大天井まではちょっとキツイ登り。
でも、登ったその先には素晴しい槍穂の眺め。
個人的に東からの槍穂の眺めNo1ポイントと思う。

大天井から槍穂を眺む

他にも、裏銀座の稜線や北ア北部、八ツ、南アルプスなど、
360度の大展望。
素晴しい頂だ。

立山連峰と針ノ木かな?

大天井から常念までは常に槍穂の素晴しい眺めが楽しめる。
おまけにアップダウンも緩やかだから本当に気持ちが良い。
この稜線歩きはとってもお勧め。

大天井~東大天井の稜線から大天井を望む。

途中、小(中?)熊を見かけたり、
いろんなこともあってなかなか印象に残る登山となった。
まさか、稜線で熊を見かけるとはね。

熊ちゃん

15:30に無事一の沢登山口に下山。
タクシーでしゃくなげ荘駐車場に戻り、
しゃくなげ荘でひとっ風呂浴びて帰宅。

一の沢~しゃくなげ荘まではタクシー代4400円だった。
ご参考に。

帰りの高速は中津川の事故渋滞にはまり、
2時間30分もノロノロ運転する羽目に。
最後に少しやられたが、今回はとても満足の登山だった。

次は天気がよければ剣行きたいな。
でも、その前に左膝痛をなんとかせねば。。。

テーマ:お出かけ日記 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<キレット小屋の先はまた今度 | ホーム | 北海道 2010年夏>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/228-8a7096aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |