越百~空木 縦走 2010/11/09(火) 00:42
11/6~8 で中央アルプスの越百山~南駒ケ岳~空木岳を縦走してきた。
最終日はイマイチだったが、初日、2日目は晴天に恵まれ、
心配していた雪も少なく、素晴しい景色を堪能できた。

南駒は以前、空木に登ったときからいつか行きたいと思っていただけに、
登れて満足。

越百山(こすもやま)は雑誌の記事で知って、その独特な名前に惹かれ、
こちらも登ってみたかったので、満足。

あっ、そうそう、越百小屋の冬季小屋は今ならビール付きですよ~。

越百小屋の温かさ

行程:
11/5 夜発 恵那PAにて車中泊
11/6 伊那川ダム登山口(須原口)→越百小屋→越百山→越百小屋(冬季小屋泊)
11/7 越百小屋→越百山→南駒ケ岳→空木岳→駒峰ヒュッテ(冬季小屋泊)
11/8 駒峰ヒュッテ→空木岳→木曽殿越→金沢土場→伊那川ダム登山口→帰宅。

「コスモ」すごい名前をつけたもんだ。
おかげで登山開始から聖闘士星矢流れまくり。
「だーきしめたー こーころのコスモー・・・」。

森の中の急登をひたすらこなし、
越百小屋到着。

ちょっと気になるのは「御岳見晴台」と言う名の場所。
御岳なんか見えやしない。
心の眼で見るのか?

途中、越百小屋の主人とすれ違った。
「冬季小屋開けてあるよ。ビールがあるから飲んでいきな。」

おおっ、冬季小屋を開けてくれてますか。
これで今日の夜は快眠できる。
大感謝。

ビールは飲めない人間なので、いただけない。
うーん、残念。

小屋に着くと、先客はいないみたいだ。
とりあえず、荷物を置き、越百山頂上を目指す。

越百山頂上は素晴しい展望だった。
いやー、こんなに素晴しいとは。
もっと有名になっても良さそうだな。

南駒ケ岳と仙涯嶺 越百山より

越百山頂上と中央アルプス最南部

越百頂上の石と御岳コラボ

夕景の御岳 越百山より

景色に満足し、小屋に戻ると、だーれもいない。
どうやら、本日の宿泊者は伸二郎ただ一人みたいだ。

冬季小屋に一人っきりはちょっと怖いんだよね。。。

起きてると怖いからさっさと寝て、翌朝。
予想に反して曇り空だが、展望はある。

ご飯を済ませ、荷物を担ぎ、越百山へ。
そのまま南駒ケ岳目指して縦走。

途中、仙涯嶺へのキツイ登りでバテながらも南駒まであと少し。
花崗岩の作り出す独特の景色を満喫しながら頂上へ。

南駒ケ岳

頂上からは360度の展望。
空木岳と甲乙つけがたいと深田久弥を悩ませただけある。
特に素晴しいのはその空木岳をはじめとした中央アルプスの主峰群の眺め。

中央アルプス中心部 南駒から

アップダウンをもくもくと進み、空木岳到着。
こちらも素晴しい眺め。

木曽駒ケ岳 空木岳より

御岳 空木岳より

この後、頂上直下の駒峰ヒュッテ(こまほうひゅって)の冬季小屋に行くも、
まさかのトイレ閉鎖でまさかのウンコマン再来。
携帯トイレ持ってって良かった。。。

ちょっとしたアクシデントはあったものの、
頂上から綺麗な夕景を心ゆくまで見れるのは
頂上直下の小屋ならでは。

南駒ケ岳へ続く稜線 空木岳より

この日も結局、冬季小屋泊は伸二郎だけだった。
冬季小屋一人っきりも2日目となると多少慣れてきれ、
初日よりはマッタリできた。

冬季小屋、結構快適かも。。。

翌日、朝からガス祭。
頂上からの展望ゼロ。

凍てつく空木頂上

空木直下の岩場を慎重に下る。
雪があると目印が見えにくくて神経使うな。。。

木曽殿越まで降りてくると、ガスも取れ、
後はもくもくと下る下る。

最後に少し雨に降られたが、無事に登山口に到着。

途中、「フォレスパ木曽」で汗を流し、帰宅。
今回も素晴しい登山だったなー。


今回、越百山であった登山者は半分が日帰り組だった。
日帰りであの展望が楽しめるなんて、
越百山、お勧めですぞ。
| 登山 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<登山道に墓を建てるな | ホーム | 北八ツは素敵だ>>
コメント
◆摺鉢窪非難小屋で 鳥 2010/11/09(火) 23:29
私もたった一人でした。
前日にハリウッド版リングを見たばっかりだったので非難小屋の床下に古井戸があったらどうするだよ!! とビビりながらウイスキーをしこたま飲んでラジオをかけっ放しで寝ました。

この時以来、テント場以外でもテン泊が平気になりました。
◆ホラーはきついですね。 伸二郎 2010/11/10(水) 20:56
リング見たときに一人でしたか。
良いタイミングで登山しましたね。

夜風が強かったりして、戸がカタカタ音を立てると、
ゾクっとしてしまいますね。

私はテン場以外でテントを張ると、
注意されるかもという別の怖さを感じるので、
テン場で張るようにしてます。

そりゃそうと、中央アルプスにもテン場作って欲しいですね~。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/236-2dbb6ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |