気合を入れて甲斐駒へ 2010/12/21(火) 04:05
12/18-19で甲斐駒ケ岳に登ってきた。
天気も良く、素晴らしい景色を味わえて満足。

雪は多くなく、割と気楽に登れた。
12月までなら甲斐駒おすすめ。

ただ、黒戸尾根は標高差が大きく、距離も長い。
時間と体力には余裕を持って臨みたい。


登山とは関係ないが、パソコンを買い替えたから、
画像編集にとても苦労する。

まさか、こんな時間までやることになるとは。
とほほ。。。

甲斐駒頂上にて

ルート:
 12/17(金)自宅→道の駅はくしゅう(車中泊)
 12/18(土)竹宇神社登山口~黒戸尾根~七丈小屋(小屋泊)
 12/19(日)七丈小屋→甲斐駒ケ岳頂上→七丈小屋→竹宇神社登山口

刃利天狗以降はアイゼン、ピッケルが必要だったが、
積雪量は多くなく、登山者が多いのでワカンは不要だった。

ルートは5合目~七丈小屋にかけてハシゴが多く、やや危険だが、
注意すれば問題ない。

小屋はほぼ通年営業らしい。
暖房はしっかり効いており、小屋内はとても暖かい。
寝袋は夏用で十分。
お湯も自由に使える。

景色は鳳凰三山と富士の眺めが素敵だ。

甲斐駒九合目付近より 鳳凰三山と富士山

頂上からは360度の展望。
北岳の雄姿や仙丈ケ岳、中央/北アルプスの眺めも素晴らしい。

甲斐駒ヶ岳頂上より北岳

甲斐駒ヶ岳頂上より中央アルプス、御嶽

しかし、やっぱりかっこいいのは鳳凰三山と富士の眺めかな。
甲斐駒からの景色はこれが一番だ。

甲斐駒頂上で景色を楽しむパーティー

帰りはながーい黒戸尾根に少し疲れたが、
全体的にとても満足の登山となった。

この時期の甲斐駒、雪も少なく、小屋もやってて
意外に気合を入れなくても行けちゃう。
結構おすすめですぞ。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<ニューパソコン | ホーム | 祖父江町 銀杏>>
コメント
わさびっこ 2010/12/30(木) 19:54
黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳、いい写真も撮れて登り甲斐があったでしょう。私も3年前の秋に登って大展望を満喫しました、でも雪景色はいいですねぇ。
春山、GW頃なら槍ヶ岳も行けますよ、今回のようにピッケルワークと雪壁通過に細心の注意を払って登ってみて下さい。
春山ならば横尾から槍沢経由のコースで大丈夫。あと西穂高もお薦めいたします。
西穂高は山頂直下の雪壁の通過が核心です。
これからも山のページを楽しみにしています。
単独の登山でますます力強く いい経験を重ねてらっしゃるのがよくわかります。
来年も よい年となりますように。
◆どちらかは行っておきたい。 伸二郎 2010/12/30(木) 22:03
わさびっこさん
こんばんわ。

黒戸尾根、登り甲斐がありました。
きつい分、達成感はありますね。

積雪期の槍、西穂とも少しおっかなく感じてしまいます。

雪がしっかりしていればアイゼン、ピッケルがしっかり刺さる分、
登り思いのほか楽に行けそうですが、
下りは結構おっかなそう。

でも、どちらか1つは最低行っておきたい。
少し他の山で経験積んで、チャレンジしてみます。
アドバイスどうもです。

それでは、よいお年を!
◆素晴らしいです! みちろう 2010/12/31(金) 12:37
甲斐駒の記事拝見させていただきました。
読んでるだけで感動してしまいました。
冬山はまだまだ当分私には無理ですが、積雪期でもやっている山小屋があることを知ってうれしい限りです。
いずれ十分な準備をしてから、伸二郎さんが見た風景を私も見たいと思います。

来年のご活躍も心から楽しみにしております!
◆冬山、場所を選ばなければ行けますよ 伸二郎 2010/12/31(金) 20:39
みちろうさん、
お久しぶりです。

雪山、
北八ツあたりなら案外楽に行けますよ。
アクセスはバイクだとヒジョーに厳しいですが。

装備は冬用登山靴とアイゼン、ピッケルがあればぼちぼちいけます。
あったかいジャケットと手袋、目出し帽などがあるとなお良いですね。

案外買うものは少ないです。
ただし、冬用登山靴は高くて財布には寒気が流れ込んでしまいますが。。。

来年は、北岳リベンジできると良いですね。
個人的には天気の安定する秋がおすすめです。

では、良いお年を。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/245-62474ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |