美しき白き頂(仙丈ケ岳) 2011/01/05(水) 01:04
1/2-4で仙丈ヶ岳に登ってきた。

コースは戸台~北沢峠(テン泊)~仙丈ヶ岳の往復。

雪を抱く仙丈はとても美しく、
これが本当の姿だと強く思った。

極寒のテン泊をこらえた甲斐あったと思いきや、
その寒さのせいか、腹痛を起こし、
新年早々、携帯トイレの出番となってしまった。

美しい思い出に汚点が(泣)
まー、美しい稜線には汚点を残さなかったから良しとするか。。。

真の仙丈の姿
コース、日程:
 1/1 自宅 → 戸台登山者用駐車場(車中泊)
 1/2 戸台 → 北沢峠(駒仙小屋 テン泊)
 1/3 駒仙小屋 → 仙丈ヶ岳 → 駒仙小屋(テン泊)
 1/4 駒仙小屋 → 戸台駐車場 → 帰宅


戸台からしばらくは広い河原を歩き、
赤河原分岐からはつづら折れの急登。

傾斜が緩やかになってくると
柔らかな日差しが差し込む静かな森歩き。

やわらかな北沢峠への道

やがて北沢峠に着き、
さらに進むと本日の宿泊地である北沢駒仙小屋のキャンプ場。

正面に小仙丈ヶ岳の見える素晴らしいスポット。
風もなく暖かで素晴らしい場所だった。

仙丈の見えるテン場(駒仙小屋)

が、暖かだったのは日差しが差し込む時間だけで、
日が陰った瞬間寒さが襲い掛かる。

テントの中の水は凍り、
やがて凍てつく夜を迎える。

真冬に山でテント張るもんじゃないね。。。

極寒の夜を耐え、希望の朝を迎える。
小屋の温度計を見ると-15℃を指していた。
寒いわけだな。。。

極寒の朝

しかし、-15℃でも動き出せば大して寒さを感じない。
順調に仙丈に向け森の中の急登をこなしていく。

が、4合目を過ぎたところで異変は起きた。
それは低温でシャーベットになったビタミンウォーターを飲んだ直後だった。

ただでさえ昨晩の冷え込みで腹の調子が狂っているところに、
とどめを刺すかの様な冷たい飲み物。
伸二郎の弱い腹が耐えうるはずもなく、ウンコ波到来。

新年早々携帯トイレの出番となる。

無事に済ませ、事なきを得たように思えたが、
この腹の感じ、必ず第2波、3波が来ること間違いない。

これからメインの稜線だってのに。。。
大きな不安を抱きつつ小仙丈へと向かう。


小仙丈手前で森林限界を迎えると素晴らしい景色が広がる。
後ろには常に甲斐駒、鳳凰三山をはじめとする美しい峰々が望める。

小仙丈まで来ると目の前には雪を抱く美しい仙丈ヶ岳が現れる。
美しい。
こんなにきれいだとは思わなかった。

美しき稜線をゆく

しかし、なかなか遠いね、仙丈。
おまけにいったん下ってるときた。
なかなかきつい。

時折休憩を兼ねて振り返って景色を眺める。
疲れもちょっとだけ吹っ飛ぶ素晴らしい景色。
眺める景色も良いとは何て素敵な山なんだろう。

小仙丈への稜線と甲斐駒、アサヨ峰

こちらも素敵。
北岳&富士山の標高1-2そろい踏み。

1-2そろい踏み

相変わらず腹の調子が悪いので、
食べることもできず、飲むこともできず、
ちっともパワーが湧いてこない。

後続に抜かれ、後ろには誰もいなくなり、
頂上から帰ってきた人とのすれ違いばかりになる。

あんまりにもきついので、
ついに頂上間際にきてカロリーメイトをほおばる。

もう、前には1グループしかいない。
あのグループとすれ違えば、
稜線には伸二郎一人。
いつでも第2波がきてもいい。

ちょっとお腹が満たされ、
最後のピークを超える元気が湧いてきた。
こいつを越せば頂上目の前だ。

あとちょっとで頂上

ついに頂上に立つ。
誰もいない頂上ではセルフショット撮りまくりだった。

久々セルフショットではしゃぐオッサン

下山途中、
予想していた通り、第2波到来。
何度か耐えるものの、小仙丈手前でついに限界を迎える。

急いで携帯トイレを取り出そうとするが、
匂いが漏れぬよう、何重にも巻いていたのが裏目に出て、
携帯トイレのセットに手間取る。

うっ、やべぇ、ちょっと出たかも。
34歳にしてウンコ漏らしマンかもと思ったが、
なんとかセーフみたいで無事に第2波をしのぐ。

この後、時折くる小さな波をこらえ、
何とかテン場にたどり着く。

ふー、なんだか美しい景色よりも
ウンコ波との戦いの印象のほうが強く残ってしまったな。。。


トイレの住人と化した夜は更け、
またまた希望の朝を迎える。

腹の調子も回復し、今日は絶好調だ。
戸台へのながーい道のりを経て車へ到着。

帰り、仙流荘でお風呂&お昼ご飯。
食べたのは鹿かつ定食(900円)。

鹿とは思えぬ癖のない味でおいしかった。

鹿かつ定食900円@仙流荘

帰りの高速、まさかの飯田山本~中津川通行止めをくらうも
無事に帰宅。

新年一発目の登山は無事終了。
なんだかんだあったけど、
満足の登山となったな。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<大寒波到来 | ホーム | ちょいと山に行ってきます。>>
コメント
みちろう 2011/01/05(水) 13:19
いや~、すばらしい景色ですね。
やっぱり下界の冬とは全く違う冬景色です。

私は胃腸が割と丈夫なほうですが、こんな寒いところで寝泊まりしたらさすがにお腹壊すかも…。
伸二郎さんの報告は、成功も失敗も分け隔てなく書いてあるので、本当に参考になります。

私はこのお正月はバイクで走ってばかりで、山には登れませんでした。
仙丈が岳ですか。
先ずは無雪期に登ってみたいですね。
◆バイクで冬に走るのもキツイですね。 伸二郎 2011/01/05(水) 23:23
みちろうさん、こんばんは。

バイクで真冬に走るのもかなりキツイですね。
バイクは体を動かさないからどんどん冷えてきて、
本当に芯から冷えてしまいますもんね。
冬に走られるみちろうさんを尊敬します。

この正月は良いツーリングをされたようでなによりです。
山も良いですが、景色も食も楽しめるツーリングはやっぱり良いですね。
私も暖かくなったらぶらりと走りに行きたいもんです。


雪山、寒いですけど、綺麗で良いですよ。
まずは日帰りで登れる八ヶ岳がおすすめですね。

仙丈は雪の無い季節なら北沢峠までバスがあり、
十分日帰り可能ですので、候補に入れてみてください。

あと、もしもに備えて、携帯トイレはお忘れなく(笑)

ではでは。

◆仙丈ですか? 鳥 2011/01/05(水) 23:58
私は3日の日にスキー場の駐車場でコールマンの封筒シェラフに包まってニット帽を被って眠っていて明け方の寒さで目覚めました。
車中は-9℃、ペットボトルのお茶が薄らと凍りついていました。

以前はアウトバックだったので過酷なゲレンデで-15℃でも車中泊をしていましたがプリウスでは怖くて、そんな冒険は出来ません。

ちなみにお尻は洗浄好きなので、公衆トイレもウォッシュレット族です。
◆仙丈です。 伸二郎 2011/01/07(金) 00:13
鳥さん、こんばんは。

車中泊は寝るときちょっと暑いくらいでも
朝は寒いですよね。
私も何度か寒さで目が覚めました。

追加で被る毛布などを用意しておくと一度起きてから、
また快適に眠れると思いますよ。

ちなみに、私はどっちかと言えば紙派です。

ではでは。
◆あけましておめでとうございます! みさわ 2011/01/07(金) 00:52
ブログでは初めまして!(-´▽`-)
奇遇ですね、僕も同日、同行程にて仙丈ヶ岳に行ってまいりました。
と、いうか何度かすれ違っていますし、しかもブログの写真に僕らバッチリ写ってますね(-▽-)
2枚目の写真で青ザック背負っているの僕ですし、下から5枚目の写真で斜面下っているのも僕ですw

3日はまさしくほとんど無風に近い状態で、登頂するには最高のコンディションでしたね。
僕らが下山してからやや雲がでてきたようでしたが大丈夫だったでしょうか?
しかし、あの開けっぴろげの稜線での腹痛は災難でしたね…
美しい雪の仙丈の記憶がウンコ波の記憶というのも切ないですね(;´∀`)

まぁしかし厳冬期の仙丈、最高でした!
今、前後編にてブログにレポを執筆しているので、もしよかったらうちのブログにも遊びに来てください♪
◆良いモデルになっていただき感謝してます 伸二郎 2011/01/07(金) 22:39
みさわさん、
あけましておめでとうございます。

ペアルックの方ですね。
ご夫婦登山の方でもペアルックというのは少ないのでよく覚えています。

北沢峠への登りも仙丈からの振り返った景色でも、
風景を引き立たせる素敵なモデルになっていただき、感謝です。

ブログ拝見しました。
日の出の時間にはすでに森林限界に到達してたんですね。
私はその頃ようやく登山開始でした。
だらだーらチャンピオンです。

心配された天気は頂上までなんとかもってくれました。

そうそう、ブログを拝見して思ったのは
私と掲載する写真が似ているなということ。

今、HPの方を作成途中ですが、
同じ写真がかなりありましたね。
ちょっと驚きです。

あと、素敵な車に乗られていますね。
セブン。私は今でも歴代スポーツカーの中で一番かっこいいと思っています。
この価値観もやっぱり似ているのかな。

それでは、今年もお互いに良い山旅を。
ではでは。
◆あけましておめでとうございます しびすけ 2011/01/08(土) 08:08
今年もよろしくお願いします(あ、もう9日だ・・・汗)

やっぱり山岳写真きれいですね。

でもでも・・・
確かに今回は読んでてもお腹が心配になっちゃいました。

みちろうさんも言われるように、
良いところもそうでないところも分け隔てなく書いてあるので、
臨場感は増しますね!


今年も沢山山岳写真期待してます!

◆ジャーナリズムの魂がそうさせる(嘘) 伸二郎 2011/01/08(土) 12:34
しびすけさん、
どうもです。

臨場感がありますか。
なるべく装飾せず、隠さず、自然な姿を伝えたいと思っているので、
そういっていただけると嬉しいですね。

今年も「そりゃ見たくないよ」ってことを含め(笑)、
真実を伝えていきたいと思っています。

今年もよろしくです。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/249-32b14343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |