大寒波到来 2011/01/17(月) 01:23
大寒波が到来し、珍しく豊田でも雪が積もった。

寒波到来

時を同じくして、伸二郎の財布にも大寒波が押し寄せていたのだった。。。

サーマレスト ProLite Plus R  13650円
ことの起こりは年明けに行った仙丈テン泊だった。

いつもながらに寒さに凍え、「もう厳冬期テン泊はやんねぇ」と思ったが、
「やっぱまたするかもしれん、いや今度こそやっつけてやる!」
となぜかまたテン泊をしそうな方向に転び。。。

「それには寒さ対策が必要だ!」
と、当然こうなってしまった。。。

で、さっそく登山用品店に向かう。
行ったのは名古屋の好日山荘。
まいどまいど、家から遠くて疲れちゃうね。。。

そしてうだうだ悩んで悩んでいろいろ買ってきた。

まず、やっつけようと思ったのが地面からの冷気。
アルミシートを敷いて、その上にマットを引いているが、
真冬はそれでも寒かった。

以前エアパッドを買ったが、ちっとも暖かくなかったため、
今回はマットの厚みを増すことで冷気を防ごうと思った。

買ったのはサーマレストプロライトプラス 13650円也。

サイズ的には今使っているモンベルのULスリーピングマットと同じくらい。
形がちょっと違う程度。

サーマレスト ProLite Plus R  vs montbell

違うのは厚み。
モンベルの今持っているものが2.5cmに対し、今回買ったのは3.8cm。
これでちょっと暖かくなるはずだ。

ProLite Plus R vs montbell

モンベルにも3.8cmのやつがあるが、モンベルを買わなかったのは
お店にモンベルのが置いてなかったからと
サーマレストのほうが長さ方向にコンパクトにしまえるからだ。

サーマレストがコンパクトに収納できるのはしまい方にある。
モンベルの3.8cmのやつはおらずにそのまま巻いていくが、
サーマレストは真ん中から真っ二つに折ってしまう。

サーマレスト ProLite Plus R 収納方式

。。。じゃあ、モンベルも折ってしまえばいいじゃないか。。。
今頃気づいてしまった。
まーいっか、サーマレストでもモンベルでも同じか。

ちなみに、モンベルにある巻いた状態がほどけないようにする
ストラップみたいなもん(下の写真のようなもの)はサーマレストについていない。

モンベル収納 便利なストラップ付

また、収納袋はついておらず、別に買う必要がある(1785円)。
別売りの専用収納袋は余裕がなく、きっちり空気を抜かないと入らない。
余裕のあり、ちょっと適当でも十分入るモンベルとはことなる。

ProLite Plus vs モンベル 収納時大きさ

総じてモンベルのほうが使い勝手はいいな。
さすがそうゆうところは日本の大手メーカーらしい。
まー、サーマレストは有名どころだから性能がいいことを期待するか。


前回のテン泊では地面だけでなく、外気の寒さも結構きつかった。
で、「やっぱシュラフもあったかくしないとね」てことで、
イスカAir 810X short (39690円=44100円の10%OFF)購入。

太さは今持っている630とほぼ変わらない。

イスカ air 630 vs 810X 収納時太さ比較

そして、広げてみた感じもモフモフ感があまり変わらない。
おかしい。これでは大枚はたいて買った意味がないではないか。

イスカ air 630 vs 810X 就寝時比較

うーん、収納時の長さは変わっているし、
きっと暖かくなっているんだろう。きっと。。。

イスカ air 630 vs 810X 収納時長さ比較


ほかにも冬用シャツや今持っているものよりちょっと厚めのフリースなどを買い、
寒さ対策を強化。今日はなかなかパワーアップしたな。


そして、なぜかピッケルも購入。
すでにピッケルはブラックダイアモンドのかっちょいいやつを持っている。
それなのにまた買ってしまった。

今回勝ったのはGrivel Air Tech EVOLUTION 53cm (18900円=21000円の10%OFF)。
黄色のスーパーかっちょいいやつだ。

grivel AirTech EVOLUTION

その見た目に惚れて買っちまった。。。てわけでなく(だいぶそうではあるが。。。)
より傾斜の強い雪壁を踏破するのに適したピッケルがほしかったのだ。

このピッケルはシャフトが少しカーブしておあり、
またグリップしやすいようにラバーがシャフトに貼ってある。
これによりピック部を雪壁に刺しやすくなっている。

また、振り回しやすいように長さも短めを選んだ。
これで今年のGWの奥穂は登れたも同然だ。ぬふふふふふ。。。

grivel Air Tech EVOLUTION


と、まあいろいろ買って、結局9万ちょっとお金が飛んでってしまい、
伸二郎には今年一番の大寒波が流れこんできたのだった。


しかし、もう第2の寒気団が来るとの伸二郎予報が出ているとか。
春はまだ遠い?・・・

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<赤岳 | ホーム | 美しき白き頂(仙丈ケ岳)>>
コメント
◆こんばんわ! みさわ 2011/01/17(月) 23:30
冬のテント泊ではやはり床が重要ですよね…
僕も散々悩みました、そのときのブログリンク貼っておきますね。

http://misawa7.exblog.jp/13332031/

現状この組み合わせで厳冬期問題ないですね。
外気温-20℃でも底冷え無しです。もしよかったら参考にしてみてください。
ちなみにシュラフ、寒いようでしたら以下で紹介しているトップキルトっていう化繊シュラフをアウターとして追加してやるとかなり良いですよ。
軽いですし、ダウンと併用すると外気温で5~7℃程度対応温度を引き下げる事ができます。

http://misawa7.exblog.jp/13295666/

僕の体感では、シルクシーツ、300gダウンシュラフ、トップキルト、シュラフカバーで外気温-20℃
ダウンの上下を着込んで-25℃あたりまで対応できています。
あくまでも個人の体感温度ですので参考までに…
◆R値なんてものがあるとは 伸二郎 2011/01/18(火) 01:32
みさわさん、こんばんは。

ブログ拝見しました。

なるほど、R値ですか。
そんな便利なもんがあるとは知りませんでしたね。
R値を参考にすると、私の装備ではやっぱり地面からの断熱性が足りないことが数値でもわかりました。

私も空気で膨らませないタイプのマットを考えましたが、
やめて、空気で膨らませるマット×2で行こうと決めました。

理由はやっぱり収納性が欲しいことと、モンベルのだけですが、
空気が漏れたことがないからです。

収納性、結構気にしています。
雨、雪での登山を考え、できればマットを含め外に装備は出したくなく、
次の目標はでかざっくで全部中に入れることです。
それを考え、ザックに入るマット×2を選びました。

また、万一破れ(漏れ)たとしても、同時に破れはしないと考えました。
何か起きてからでないとまずさを実感しない性格上、
何か起きるまではこれで行ってみようと思います。

ちなみに、R値で考えると、
0.5+2.5+3.8=6.8 歩留り0.8として6.8*0.8=5.4
まー、OKでしょうか。


シュラフ、実は既にダブルで装備しています。
前回のシュラフの装備は
イスカAir 630 + モンベルULダウンハガー#4 + ゴアシュラフカバー
です。

私も服同様に寝袋をレイヤードで温度調整しています。
初めはAir450+ ULダウンハガー#4 + ゴアシュラフカバー
で我慢していましたが、それでも寒く、Air630に変えました。

しかし、今回はそれでも寒かったため、
Air810 購入となりました。

まー、筋金入りの寒がりなので、仕方ないかなと思っています。

本当は寝袋を調整するより、新陳代謝を高めるなどして、
寒がりでない身体に変えるのが一番良いかもしれません。


いろいろ参考になる情報ありがとうございました。

ではでは。
◆恐ろしか、、、、、 鳥 2011/01/18(火) 22:51
オッサンのゴルフ道具のような道具散財。

でも寒いのは冬山をやらない私も苦手。
スキー場の車中泊で使うコールマンの封筒シェラフでは、あまりの寒さで目が覚めたので今週末のスキーでは自転車通勤時の防寒着を着こんで封筒シェラフに包まる予定です。

結構、寒い中でシェラフに包まって眠るのが大好きですけど、超凍えるのは嫌いです。
◆毛布が良いと思います。 伸二郎 2011/01/19(水) 23:19
鳥さん、こんばんは。

道具に関してはオッサンゴルフより激しいと思います。
登山用品って高いですよね。
高くても買う人がメインターゲットだから仕方ないのもわかりますが。。。


車中泊、
シュラフの中で着込むより、
シュラフの外に毛布などを掛けたほうが良いと思います。

普通のジャンバーなどを中に着ると逆効果もあるそうですよ。

風邪をひかぬよう注意くださいね。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/250-81c695a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |