ラッセル隊長in 権現岳 2011/02/14(月) 00:37
2/13(日)に権現岳に登ってきた。

出発遅めでトレース泥棒一直線のつもりだったが、
なぜか前三ツ頭から先頭に立ってラッセルする羽目に。。。

初めてのラッセルはとてもきつかったが、
その分、権現に登頂したときの充実感はとても大きかった。

権現、降雪後に行く人はラッセルを覚悟すべし!

ラッセル隊長 任務終了
行程:
 2/12(土)自宅→道の駅 小淵沢(車中泊)
 2/13(日)天女山ゲート→三ツ頭→権現→三ツ頭→天女山ゲート→帰宅

いつもどーりの遅め出発。
途中までは足が少し埋まるものの、トレースはあった。

が、どんどん先行者に追いつき、
前三ツ頭からは前に誰にもいなくなり、
いつの間にやらラッセル隊の隊長状態。。。

かろうじて降雪前のトレース跡が残る部分は
足が埋まりながらも進むのはそれほど困難ではなかったが、
ところどころ、降雪前のトレース跡がわからんくて。。。

登山道はどこ~?

ズボズボ埋まり苦しんだ。

登山道を外して胸まで埋まって格闘していると、
後続集団が追いつき、協力して何とか三ツ頭到着。

その先は伸二郎と別グループの登山ガイドの2人でラッセル隊を作って、
トレースのない権現をめざし、
よーやく登頂したのは13:45。

こんなに苦労して登頂したのは久しぶりだ。

権現の先の分岐で南八ツ主峰群、ギボシの写真を撮り、
冷たい風が吹きすさぶ頂上を後にした。

ギボシと伸二郎

権現からの下りで振り返る。
苦労して残したトレースがはっきり見える。
なんだか少し誇らしげだった。

ラッセル隊の功績

天女山ゲートに着いたのは17:30。
今シーズンの雪山でもっともきつかった登山終了。

心地よい疲労感に包まれながら家路に着いた。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<ラッセル隊長再びin西穂 | ホーム | 横岳縦走>>
コメント
鳥 2011/02/15(火) 21:19
ギボシも真っ白で、冬山なら少し登るのに私は躊躇しますね。

権現小屋は営業中ですか?

眺望の良いトイレも使用可能なのか気になりますね。
◆権現小屋は冬季閉鎖です。 伸二郎 2011/02/15(火) 22:49
鳥さん、こんばんは。

権現小屋は冬季閉鎖、トイレも冬季閉鎖です。
権現へは日帰りかテント泊になります。

ギボシ、真っ白でとてもきれいですよ。
権現もそうですが、特にギボシは雪が積もると
夏山からは考えられないほど美しくなります。

三ツ頭や権現は冬山とは言え、装備さえあればそれほど難しくないので、
おすすめなんですけどね。

特に、三ツ頭は気楽にチャレンジして見ると良いと思いますよ。

ではでは。


わさびっこ 2011/02/17(木) 20:33
テン泊での防寒対策、原始的ですが新聞紙が役立ちます。2日分くらいの新聞紙をマットの下に敷くと効果抜群、地面からの冷気が遮断されます。

カイロを腰辺りに一枚貼るとポカポカと足先まで温かいですよ。

シュラフの中では 薄着が有効的寒いからと たくさん着込んでしまうとせっかくのダウンの効果が半減します、Tシャツ程度がbood。

試してみてくださいな、西穂とGWの奥穂、頑張って下さい、慎重に行けば大丈夫。天候だけはあなどらないでネ。 ご健闘をお祈りします。
◆新聞、とってない。。。 伸二郎 2011/02/17(木) 23:54
わさびっこさん、こんばんは。

新聞、昔北海道をツーリングしてた際、
あまりに寒くてコンビニで新聞を買ってテン泊の寒さをしのいだのを思い出します。
確かに、新聞は暖かく、かつ湿気も吸収してくれて、
快適だったですね。

しかし、今は新聞を取っていません。。。
買ってまで持っていく気にはならないので、
当分、現状のダブルマットで行こうと思います。

寝る際の服、シュラフの中で結構着込んでいますので、
もう少し減らしてみようかな。

西穂&奥穂、アドバイス&応援ありがとうございます。
気を付けて行ってきます。

西穂チャレンジ行って来たら報告しますね。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/254-edc86ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |