南ア 南部縦走(荒川、赤石、聖) 2011/10/12(水) 07:21
10/8-11 で南アルプス南部を縦走してきた。

一つ一つの山が大きく、独立しているから、
アップダウンが多く、とてもハードだった。

なにはともあれ、今シーズンの目標を達成して満足。

赤石岳頂上

行程
10/7 自宅→道の駅音戯の里(車中泊)
10/8 椹島→千枚小屋(小屋泊)
10/9 千枚小屋→悪沢岳→荒川中岳→荒川前岳→荒川小屋→赤石岳→赤石岳避難小屋(冬季小屋泊)
10/10 赤石岳→百洞→大沢岳→聖岳→聖平小屋(冬季小屋泊)
10/11 聖平小屋→上河内岳→茶臼小屋→畑薙ダム登山口→畑薙ダム登山車駐車場→自宅

とにかく、長く、大変だった。
登り返しの大きさに「どんだけー!」と心の中で何度叫んだことか。。。

登ろうとしている人は余裕を持った行程にされたし。

写真、てきとーに貼っときます。

千枚小屋から見る朝日

悪沢岳の登りから丸山を振り返る

悪沢岳から荒川中岳、赤石岳を望む

大聖寺平から荒川岳を振り返る

百平から赤石岳を振り返る

聖岳頂上

上河内岳から茶臼岳に続く稜線を望む

畑薙大吊橋

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<挙母祭 2011 | ホーム | 郡上八幡ぶらり>>
コメント
◆私の聖、赤石、悪沢。 鳥 2011/10/12(水) 22:50
便ヶ島~聖小屋(テン泊)~聖~百間洞山の家(テン泊)~赤石~悪沢~荒川小屋(テン泊)~小兎と兎岳の水場のある稜線でテン泊~便ヶ島でした。
実はテン場でもない小兎と兎の稜線でテントを張って朝、目覚めて聖岳の横から顔を見せる富士山をカメラに収めているとテントの横には、それはそれは巨大なウンチが鎮座していました。

後始末の紙もないし、人間にしては大量の量だしテント1枚を境に、とんでもないものと対峙していた私です。
kojima 2011/10/13(木) 09:10
今シーズンの登山、無事に終えられたとの事おめでとうございます。安心しました(*^_^*)いつも楽して登山気分を味わさせて頂き感謝しています。
今シーズンは勇気ある撤退やらリベンジやら・・・伸二郎君の精神力には感服しておりました♪お疲れ様でした。

 私は日帰りで陣馬形山に下道往復12時間のツーリングに出掛けました。
小渋ダム近くと言えばお分りかと思いますが・・・道が倒木落石荒れ放題・・・選択道がいけなかったのか?迷ったりと大変でしたが素晴らしい景色でした。
登山愛好家の方がよく訪れるそうです。キャンプ場も綺麗でしたよ♪

紅葉もこれからですね(*^_^*)何処かでお会いしましたら宜しくです♪

◆稜線にも出るんですね 伸二郎 2011/10/14(金) 00:50
鳥さん、どーも。

便ヶ島からのピストンですか。
それもなかなかハードですね。

でも、東海フォレストのバスに計画を左右されないし、
愛知県からだったらアクセスも全然良いし。

椹島からの登山はもうしないって思いました。
今回晴れてて本当に良かった。

小兎と兎の間の水場への分岐に張られたんでしょうか?
確かにあの場所は幕営向けな感じでしたね。

熊がそんなに近くに来るとはびっくりですね。
てっきり近づかないものだと思ってました。
食べ物をテント横に置いておかないように気を付けないといけませんね。
◆寒さに耐えれるかな? 伸二郎 2011/10/14(金) 00:55
kojimaさん、おひさです。

今シーズンの山もなかなか充実して満足です。
ってゆうか、まだ登りますけどね。

まー、目標は達成したので、
今後は少し余裕を持った日程にしてのんびり行こうと思います。

バイクや嫁と母ちゃんとのお出かけもぼちぼち行こうかな。

陣馬山、ネットで調べてみました。
素晴らしい場所ですね。
バイクで行ける場所で、あれだけの展望は滅多に望めないですね。

おまけにテン場まであるなんて。
いやー、素晴らしい。時間があったら行ってみようかな。

でも、久しぶりのバイク、寒さに耐えれるかな。。。
◆お世話になりました 井上 2011/10/16(日) 08:19
千枚小屋でお会いして、赤石岳まで同じルートを歩かせて頂きました。
バンダナ巻いてたおじさんです。
お互い天気に恵まれ素晴らしい登山になりましたね。
赤石岳から下るのがとても惜しかったです。
HPで空木岳のレポート見ました。僕も夕日を見に出掛けたくなりました。
◆空木をぜひ。 伸二郎 2011/10/16(日) 19:56
井上さん、先日はどうもです。

本当に天気に恵まれて良かったです。
素晴らしい景色が楽しめましたし、
もうあのアクセスの悪い椹島からの登山をしなくて良いと思うと嬉しい(笑)

空木、おすすめですよ。
頂上からの夕日は素晴らしいので、ぜひ晴天を狙って訪れてみてください。

もう、駒峰ヒュッテが営業期間外なので、
冬季スペース(土間)で寝ることになり、少し寂しげですが、
その分、より静かな山が楽しめます。

これからの季節は念のため、軽アイゼン程度は持参したほうが良いと思います。
また、麓から見えるくらい雪が積もったら、来年にして置いたほうが良いかな。

登られるときに良い天気であることを祈っています。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/288-dee61759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |