木曽駒 2012/05/13(日) 22:45
今日、木曽駒に登ってきた。

寝坊したけど、バスもロープウェーも混んでなく、
予想より早く登れた。

穏やかな晴天でなかなか満足の登山だった。

寝坊しても登れてしまう楽ちんさと、アルプスの景色が楽しめる木曽駒。
ちょっとお気楽な山に行きたいときにぴったんこ。

木曽駒山頂にて

いつものごとく前日出発を考えていたが、
ウダウダしていたら夜遅くなり、
眠くなったので止め。

きっと朝起きれるぜ。
なんて思ってたらガツンと寝坊。

あー、もう今日はやめてしまおうかとも思ったが、
なんとかなるさーと8時ちょっと前に出発。

高速は空いていて9時45分に菅ノ台バスセンター到着。
バス、ロープウェーを乗りついで千畳敷に着いたのは11時ちょい。

普通の登山では考えられない時間だが、
木曽駒ならまだ行ける時間。

スキーゲレンデとなっている千畳敷の端っこを通り、
急傾斜に取り付く。
見た目は危なっかしいが危険度は低い。

浄土乗越へ登る

久しぶりの登山にひーこら言いながら浄土乗越到着。
視界が開ける。

浄土乗越から中岳方面

時刻は12時。
宝剣岳に行ってると時間が遅くなってしまうかなーと思ったが、
今日は天気も良いので下りで時間が短縮できると考え、宝剣岳へ。

途中、御嶽が綺麗に見えた。
今日は穏やかで良い日だ。

御嶽

このまままったり登山していたいが、
宝剣岳はちょっと違う。

危険度の低い木曽駒一帯にあって、
他と雰囲気がガラッと異なる危険な頂。

目の前には雪壁が立ちふさがる。
いやー、ちょいと緊張するねー。

宝剣岳への核心部

ダブルピッケル、アイゼンを確実に刺しながらガシガシと登り、
雪壁を超える。

雪壁の後は夏ルートとは異なり千畳敷側のリッジを直登。
ステップが切られていたのでぼちぼち楽に登れた。
夏より速いくらい。

頂上は雪がある分、無雪季より広く、快適。
ちょっと充実感湧くねぇ。

宝剣岳山頂

空木岳への縦走路を望む。
GWは縦走している人結構いたのかな?

宝剣岳から空木岳への縦走路を望む

しばし休憩した後、慎重に来た道を戻り、宝剣山荘へ。
たどり着いてホッ。
いつも宝剣岳は緊張するなぁ。

宝剣岳以外はお気楽。
まったりした道を進み、中岳頂上に着くと木曽駒が見えてきた。

中岳から木曽駒を望む

いったん下り、登り返すと木曽駒頂上。
風も穏やかで暖か。

南アルプス、八ヶ岳、空木への縦走をを眺めながらまったりご飯。
あったかいって良いねぇ。

木曽駒山頂でお昼ご飯

ご飯を食べて、ぼんやりした後、下山。

浄土乗越まで戻ってくると千畳敷への急坂。
下りはもちろんシリセードだ。

てっぺんからずっとシリセードだぜ。
なんて思ってたが、ちょっと怖く、
少し下ってからレッツラゴー。

久しぶりのシリセードだったが、
滑りやすい傾斜と雪質でとても楽しく下れた。
やっぱシリセードは楽しいねぇ。

シリセードの跡

木曽駒頂上からわずか1時間でロープウェー乗り場へ。
本当に木曽駒はお気楽だ。

ロープウェー&バスを乗り継ぎ、
菅ノ台駐車場へ。
そして、着替えて家路に。


今日は寝坊したにも関わらず、
ゆとりを持って登山することができた。

お気楽で眺めも良い木曽駒。
ちょっと山に登ってみよっかなというときにおすすめ。

※宝剣岳は危険なので気楽にいかないこと!

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<久しぶりにバイク | ホーム | Bonjour!>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/323-5a93207a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |