今週は活火山から穂高を眺める 2012/06/30(土) 23:14
今日、穂高連峰の活火山・焼岳に登ってきた。
天気も良くて穂高の展望ばっちり。

最後に1時間の道路歩きをする羽目になったが、
総じて満足の登山だった。

新中の湯ルートの往復なら往復時間は5時間見ておけばよく、
気楽な登山でお勧め。

焼岳頂上にて


行程
6/29(-) 自宅 → 道の駅風穴の里(車中泊)
6/30(晴れ) 新中の湯登山口 → 焼岳 → 上高地 →バスで中の湯 → 新中の湯登山口

注:釜トンネル入口近くにある登山口と上部にある登山口がどちらも「中の湯登山口」
  で区別がつかないため、上部にある登山口を勝手に「新中の湯登山口」と呼んでいる。
  新を付けたのは新中の湯ルートの登山口だから。


今週は土曜日だけ晴れ予報。
日帰りで雪が無さそうであまりハードでない場所で焼岳に決めた。

結構冷え込んだ朝、ちょいと風邪気味になりながら新中の湯登山口へ。
すでに駐車場はいっぱいで道路の幅が広い部分の路肩に止め、登山開始。

始めは森の中の急登。
急登を終えると、平坦な場所に出て、焼岳の姿が見えてくる。
ここが下堀沢出合。

焼岳 下堀沢出合より

ここからは展望が良く、傾斜はきついが、それ程苦にならない。
特に振り返った乗鞍は素敵だった。

乗鞍 頂上近くより

ほどなく頂上火口の縁に着く。
ここから北峰を巻くように進む。

しっかし、登山道すごいところ通ってるよなぁ。
火山ガスのすぐ横だもんなぁ。
あまり毒性が強くないから良いんだろうな。。。

北峰の巻道を行く

北峰を巻くと上高地からの道と合流して一登りで頂上へ。
頂上からは相変わらず穂高の展望が素晴らしい。

焼岳頂上から上高地、穂高を望む

登山口から2:30。まだ疲れもない。
新中の湯からだと本当にお気楽な登山だなぁ。

予定よりもだいぶ早く頂上に着いたので、
そのまま往路を戻るのが惜しくなった。

で、上高地に下山することにした。

上高地方面へは焼岳の北斜面を下るのだが、
急傾斜でザレて滑りやすく、ちょっときつかった。

上高地方面への道は急勾配かつ滑りやすい

いったん下りきった後、少し登り返すと展望台と呼ばれる小ピークに出る。
ここからの焼岳は実に雄大で素晴らしい。

展望台から焼岳を振り返る

この後、救助ヘリが来て辺りは少し騒がしかった。
途中でしゃがみこんでいたおばあさんが呼んだのかな。

お年寄りは体力的に不利なことはわかっていると思うので、
事前準備をしっかりしておくか、難しそうならやめるとかすべきだ。
ガイドや用品店もそこはしっかり忠告しておいて欲しいもんだ。

さて、焼岳小屋から稜線を離れ、上高地方面へ。
始めは展望があるが、あとは森の中の急な下りがずっと続き、
とても長く感じる下りだった。

林道へ出た後は上高地へと歩き、1年ぶりの河童橋へ。
今日は天気が良くて穂高が綺麗だった。

上高地から穂高を望む

今日はとっても暑く、
ソフトクリームが美味しかった。
夏なんだなぁ。

上高地ソフトクリーム350円

この後、バスで新中の湯登山口まで戻る予定だったが、
中の湯(釜トンネル入口)までしかバス停は無いと。

「ふぬー、かくなるうえはタクシーで。」
と思ったが、3700円くらいかかると言われ、中止。
なんでそんなに高いんだ。距離はそんなにないはずなのに。
観光地料金なのか?

結局、中の湯バス停から歩くことになり、
なんと1時間かけてようやく新中の湯登山口まで戻った。
良い体力づくりになったぜちくしょー。

中の湯バス停からひたすら林道歩き


最後にやられたが、総じて満足の登山だった。

焼岳、新中の湯登山口からならお気楽な登山で、
展望も楽しめるのでお勧め。
コース上に水場無いので飲料はしっかり持ってくこと。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<だらだら | ホーム | 梅雨の晴れ間に>>
コメント
◆私は御岳 鳥 2012/07/01(日) 02:54
濁河温泉から御岳に登ってました。
久々に良い天気の登山となりましたが登山口で25mの距離でクマと遭遇、ヒグマではないけれど北海道遠征のシュミレーションになりました。

タマが縮みあがりました。
◆熊ですか 伸二郎 2012/07/01(日) 11:53
鳥さん、どーも。

熊にであったんですか。
濁河という人が少ない登山口だから熊も出やすいんですかね。
25mとは結構近いですね。ドキッとしますね。

これで北海道でバンバン出会っても大丈夫ですね。
次は一緒に記念写真も撮れるくらい?

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/330-961ad978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |