今回は蕎麦で 2012/09/16(日) 23:14
前回はラーメンで〆たが今回は蕎麦〆。

って、食事の記事でなく、登山の記事。

新潟と長野の県境にある雨飾山に登ってきた。
予報だとガスがかかりそうな天気だったが、
良いほうに外れて晴天に。

後立山から戸隠連峰から火打山から日本海まで360度の展望を楽しめた。

標高こそ2000mに満たない山だが、
頂上からの展望と荒管沢から見た迫力ある姿など、
やはり100名山にあげられるだけある。

荒管沢から見上げる雨飾山




行程:
9/15(土) 自宅→雨飾キャンプ場駐車場(車中泊)
9/16(日) 雨飾キャンプ場→雨飾山→雨飾キャンプ場→帰宅

登山道までの距離が長いので、
今回は土曜を丸ごと移動日にした。

薬師に続き、今回の旅も麺でスタート。
梓川SAでおひさま定食(1500円)を食べる。

地産の蕎麦粉を使ったという蕎麦はなかなか美味だった。
他のはイマイチ好みに合わなかったので、定食でなくざる蕎麦がお勧めかな。

梓川SA おひさま定食1500円

豊科ICで下りて白馬方面へと走り、
20時に雨飾キャンプ場の駐車場へ。
ここはトイレも自販機もあって便利。


明けて日曜。5:10起床。
空を見ると素晴らしい晴天。

こいつぁ、願ってもない。ガスる前に頂上に着くのだ!
とダラダラ人間に思えぬマッハ準備で5:30出発。

駐車場


立ちふさがる急登も「ガスに負けねー」と乗り越え、

急登

ブナの森を越えると荒管沢と、迫力ある岩壁がまぶしい雨飾山出現。
うぬぅ、かっこ良いじゃねーか。

雨飾山が見えた

いったん荒管沢まで下り、
雨飾山をしみじみと見た後、
登山道を間違え、引き返す。

登山道にしては踏み跡が無さすぎだと思ったぜ。

そして再び始まる急登をえんやこらと登っていくと
視界が開け、明るい雰囲気に。

稜線まであと少し

なんと気持ちが良い登山道だろう。
満足感に浸り、背後を振り返ると、
なんとガスが攻めて来てるでないか。

ガスが攻めてきた

まずい、と雨飾山を見ると、頂上にガスが。

頂上にガスが!

これはいかん。急がねば。

ちなみに、この辺の登山道にある綺麗なハシゴは
アサヒビールの寄付金によるものらしい。
皆さん、雨飾の後の祝杯はスーパードライにしましょう。

ハシゴはアサヒビールの寄付

「ガスに巻かれる前に頂上に」
といつになく頑張って登っていくと稜線に出た。

正面には緩やかな道が雨飾頂上へと続く。
雨飾の後ろには槍の姿であろうか。

晴れはもらったぜ

南を見ると高妻山と戸隠山がガス無く、クッキリ見える。
どうやら、頂上に着くまでガスがかかることはなさそうだ。

高妻山、戸隠山もクッキリ

緩やかな道を行き、最後に急登をちょいとこなせば、
素晴らしい展望が広がる雨飾山頂上だ。

頂上

振り返ると焼山の向こうに7月に登った火打山の姿。

焼山と火打山

西を見れば後立山連峰が素敵だ。

後立山連峰クッキリ

北には日本海も近い。
山から海が見えるとなんだか気分が良い。

日本海も見える

展望を楽しみながらご飯休憩。
気分が良いねぇ。

後立山を見ながらお昼ご飯

まったりしていると「伸二郎さんですね」と声をかけられた。
静岡から来たこの方はHPを見てくれているとのこと。
山で声をかけられるなんて久しぶりだ(1年ぶりか)。
今日は下りでも1人声をかけられたし、珍しい日だ。

しばし静岡の方と話をして、頂上を後に。
妙義山、幌尻岳の情報をどうもでした。

下りは急ぐ必要もなく、のんびりお気楽。
美しい景色を楽しみながらゆったり下った。

天井漫歩

この後、急傾斜にちょいと転びそうになりながらも
何とかお尻を付くことなく下山。

帰りは白馬村の蕎麦屋で昼ご飯。
濃いめのつゆと辛味の強い大根おろしで
ハッキリした味わいのボチボチ美味しい蕎麦だった。

〆はそばで(白馬村 山人)

豊科から高速に乗るも、松川あたりで眠くなってきたので、
飯田山本ICで高速を降りてR153で帰宅。
どうも高速の単調さは苦手だなぁ。

今回は天気が良く、素晴らしい展望を楽しめて満足。
雨飾山、標高差も危険度も低くお気楽で、展望も良いのでお勧めだ。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<白山敗退 | ホーム | トリコニM 2007年モデル欲しい方へ>>
コメント
しんじじい 2012/09/21(金) 09:11
雨飾山の下山の際声を交わした親父です。白馬大雪渓を登って山小屋泊、翌日栂池から降りて雨飾山のキャンプ場にテン泊しました。白馬で疲れたので雨飾山は止めようかと思っていたのですが、伸二郎さんに会えたので行って良かった。感激。そのラテン系のお顔会ってすぐわかりました。女房は私よりペースが速く先に登っていたのですが、伸二郎さんに気が付かなかったことを残念がっていました。もう少し話ができたら嬉しかったのですが。また会えればと思いますが、伸二郎さんの父親ほどの歳なのであと5~6年が限界かな…。
◆まだ10年は行ける? 伸二郎 2012/09/21(金) 21:56
しんじじいさん、初めまして。

雨飾山ではどうもでした。
良い天気で良い山旅でしたね。

白馬に登った次の日に雨飾ですか。
すごい体力と気力じゃないですか。
まだ10年は行けますよ。

またどこかの山でお会いするかもしれませんね。
奥様といつまでも楽しい山旅を。

ではでは。
◆雨飾山 さすプー 2012/09/22(土) 15:14
 伸二郎さん、こんにちは~
雨飾山は、昨年、夏山最後に登った山です。帰りに無料の露天風呂に
入浴したのと、登る前に小谷村の主婦の店で、舞茸天そばが大変
美味だったのを覚えています。また、天然の舞茸があり、とても高価
でした。雨飾山のまわりに池もあり、そちらも少し散策しました。
雨飾山を登る前日に、鹿島槍と五竜岳日帰り登山でした。
 同じ日に、南アルプスの光岳と思っていましたが、千葉の友人と会う
ことになりましたので気軽に登れる富士山に変更し、空いた時間で
登ってきました。閉山後の富士山は渋滞はありませんでしたが、500
人ほどの人が登っており、中には小学生が先生に引率されて登って
いる姿もありました。光岳には、静岡側から茶臼岳経由で考えて
いましたが、往復で45kmぐらいありますので、日帰りではなかなか
難しいと感じました。新東名が開通したおかげで静岡県内の移動は
かなり快適になりました。
 今週、黒部の例の山歩きを計画していましたが、先週の疲れがまだ
取れていないので、延期しました。小松空港の航空祭に立ち寄りたい
とも考えていたのですが。
◆錫杖岳 鳥 2012/09/23(日) 21:17
週末に錫杖岳(笠ヶ岳のとなり)に山友と4人で登って来ました。
藪漕ぎの嫌いな私単独なら、まず登られない山だったと思います。

素晴らしい槍穂に笠の展望、ただ山頂から手を振ったクライマーチームに事故があったのが残念です。
◆やっぱり易老渡からですね。 伸二郎 2012/09/23(日) 21:49
さすぷーさん、こんばんは。

小谷村の主婦の店、ぜひ行ってみたかったですねー。
今度近くを通ったら行ってみようと思いますので、
店の名前なんかわかったらおしえてもらえませんか?

鹿島槍と五竜が日帰りなあたり、さすがですねー。

光、来年は行けそうですね。
ちょいと調べたら、今年はこんな状況だったみたいですね。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-189590.html

富士、9月で500人ですか。人気ですね。
まだ山小屋がやってるのかな?

黒部、来週に行かれるのですか?
そろそろ紅葉の季節ですね。
良い天気になると良いですね。
◆乙な山に登られましたね。 伸二郎 2012/09/23(日) 22:00
鳥さん、どーも。

錫杖岳とはまた珍しい山に登られましたね。
多人数での登山は気を使わなければならないので、面倒ですが、
一人では行けないところに行けるのは良いところですねー。

手を振ったクライマーの事故。残念ですね。
良い思い出が一変してしまいますね。

無事帰る。やっぱりこれが一番大事ですね。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/340-e0819245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |