登り初め 2013/01/05(土) 15:51
昨日、八ヶ岳の硫黄岳に登ってきた。

本当は硫黄岳&横岳に登ろうと思っていたが、
いろいろあって硫黄岳だけになってしまった。

一昨日降った雪の影響で、一面の白の世界。
八ヶ岳には珍しく樹氷も見れたし、なかなか良かった。

お気楽に登れる硫黄岳、
それでいて景色は赤岳よりも良い。

初登山にいかが?

樹氷と白き稜線

1/3
いつもどーりの中央道。
いつも同じ諏訪湖SAで車中泊しようかと思ったが、
原PAを試してみたくてそちらへ。

日付が替わったころ原PAに着き、寝る。
寝坊しそ。

1/4
根性で5:00に起きて、出発。珍しい。

美濃戸口まで来て、そのまま前回敗退した林道のあの坂へ。
今回はグリップ力で定評のあるブジヂストンのスタッドレス、滑るわけねー・・・

って滑ってんじゃねーか!

しかも前回より手前だし、高い金払った意味ねーじゃねーか!
金返せブリヂストン!

とのたまうが、登れぬものは仕方ない。
おとなしく引き下がり、広いスペースへと戻る。

しかーし、そんなこともあろうかと思って、
タイヤチェーンも用意してきたのだ!
出でよバイアスロン!

car mate バイアスロン

と勢いよく出したは良いが、
試し装着などしていなかったので、
説明書を読んでまったり装着。

あーでもないこーでもないと暗く、寒い中格闘し、
ようやくセット完了。

これでバッチリだ。
目に物を見せてくれるわ―ぐはははー・・・

ってもっと手前で滑ってんじゃねーか!!!

ちくしょー、こっちも高かったんだぞ!(26000円!)
金返せカーメイト!!!


くそっ、引き返すかと思いきや、車が道を塞ぐ向きに傾いており、
そのままバックで戻れない。
方向を変えようにも滑って登れないわで、スーパーテンパった。

何度も何度もアクセル、バック、アクセル、バックを繰り返し、
ようやくバックできる方向に。
車来んくて良かったよ。。。

結局、時間だけロスして前回と同じく美濃戸口に戻る。
まったく、次に買うときはブリヂストンなど買わん。
タイヤノイズうるさいわ、走行抵抗でかいわ、高いわでいーこと無しだ。

タイヤチェーンは金属製の登坂性能の高いヤツに変更だ。。。

こんなはずではコンビ。。。

着替えを済ませて歩き出すもすでに時刻は7:30。
スタート位置も手前になったし、こりゃ横岳は諦めだな。
帰りたくなる気持ちを抑えて歩き出す。

美濃戸まで来てちょいと休憩して北沢へ。
林道を過ぎると、一面に白い世界が広がった。
昨日降雪が多かったのか?

思わぬ美しい世界に感動し、落ち込んでた気持ちも和らぐ。

白の世界を行く

赤岳鉱泉が近づくと、正面には横岳大同心の姿が。
白く染まった岩壁は青空に輝き、とても美しい。

大同心が美しい

赤岳鉱泉から硫黄岳に向けて歩き出すとあたりはいっそう白く。

硫黄岳へもやっぱり白の世界

急登にへばりながら樹林帯を進むと、木々の間から横岳、赤岳の主稜線が見えた。
樹林の白色と合わせ、まるでおとぎの世界のような美しさ。
今までにない八ヶ岳の表情に感動。

まるでおとぎの国の世界

樹林帯を過ぎると、樹氷の世界。
八ヶ岳で樹氷が見れるなんて意外だ。

樹氷

開放的な斜面を登っていくと主稜線がしっかりと見えてきた。
主稜線を見るならやっぱり硫黄岳からが良い。

赤岳主稜線がしっかり見えてきた

白く染まった大同心も迫力ある。

白く染まった大同心

斜面をひと登りで赤岩の頭へ。
今朝まで吹いていた強風でシュカブラができていた。
これも雪山ならではの美しさ。

シュカブラの赤岩

風が強くなったので、フードをかぶって硫黄岳を目指す。
近いかと思ったが、意外に距離があり、疲れる。
時折振り返り、美しい景色を堪能。

硫黄岳への登りから赤岩を振り返る

最後の岩場を登り切ると、
だだっ広い硫黄岳山頂。
特徴的だ。

だだっぴろい硫黄岳頂上

360度の展望。

北には北八ツの峰々。
天狗は白いな。

北八ツ

視線を左に写すと霧ヶ峰の向こうに北ア。
槍穂はまだ少し雲がかかってるな。

霧ヶ峰と北ア

南には南八ツ主峰群。
赤岳、横岳は硫黄岳からが一番綺麗だ。

南八ツ主峰群

風裏でしばし美しい景色を楽しんだ後、下山。
下りもいつになく白く美しい景色を心行くまで楽しめた。
今日来て良かったな。

そうそう、今回、アイゼンにちょっと工夫をした。
伸二郎が使っているグリベルのG12は余った紐が邪魔。
いままで適当に括り付けてきたが、すぐにほどけてだらーっとなっていた。

そこで、ザックの余った紐なんかを留めておくクリップを買って、
アイゼンの紐につけて見た。
2つ使い、それぞれを方向違いにつけるのがポイント。

グリベル G12の工夫

ここにこんな感じで余った紐を留める。

グリベル G12の工夫 こうやって止める

片方が外れることはあったが、
どちらかは止まったままで最後まで外れなかった。

クリップは好日山荘で売っていたのを見つけたが、
通販でも買えるようだ(こっちのほうが確実か)
ストラップキーパー (20mm用)

同じ悩みを持っている方、ご参考に。



今回はスタッドレス、チェーンで残念な結果になったが、
登山自体は景色も良く素晴らしいものだった。

硫黄岳、
コース上に危険個所もないし、日帰りできるし、お勧め。

今年の初登りの山に迷っている方、お気楽で景色の良い硫黄岳はいかが?

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(11) | トラックバック(0) |
<<セントレア | ホーム | 戻ってきてしまった。。。>>
コメント
◆お久しぶりです 飯嶋 2013/01/05(土) 20:52
伸二郎さん、こんばんは。
毎日、ブログ見させてもらっています。
いろいろ登られてますね。いいなぁ~。私は、他の趣味に没頭で、登山はご無沙汰です。
雪道の坂を登れなくて、難儀されているようですね。私のフィツトもFFスタッドレスで登れなかったので、金属チェーンをはめましたが、やはり登れず、引き返した経験があります。
その経験もあり、ジムニーを購入しました。
これで坂道最強だぁ~と思っていたら、万座ハイウェイの上り坂でスリップして登れませんでした。新品のジオランダーITSです。
他のバス、ワゴンが軽々と登って行ったのですが...。
そこで、エア圧を乾燥路用に高めに設定していたので、標準に戻したところ、登ることができました。
なので、伸二郎さんが金属チェーンを購入されても、もしかしたら期待はずれになるかもです。緊急的にエア圧を下げて見るのもいいかもです。
ちなみに、ジムニーのタイヤは、ブリジストンに買い替えました。
そうそう、美濃戸口から先の林道は、四駆でもチェーンをはめないと、谷底に落ちることがあるそうです。ガイドが言っていました。
◆空気圧ですか。 伸二郎 2013/01/05(土) 23:32
飯嶋さん、おひさです。
今年もよろしくです。

空気圧がポイントですか。

美濃戸には同じイプサムおなじバイアスロン装着車がいたので、
なんで登れたのかなと思っていましたが、
空気圧に差があったのが原因かもしれませんね。

私も空気圧のことを少し考えましたが、
今のタイヤに替えた時、窒素ガスにしたんですよ。
下げた後また空気を入れることを考えると、少し下げづらかったですね。

今度金属チェーン買って試してダメだったら空気圧下げてみます。

他の趣味に没頭ですか。
飯嶋さんも多趣味ですね。
山でなくとも趣味に没頭できていれば良いじゃないですか。

そうそう、美濃戸にジムニー何台かいましたよ。
やっぱりより厳しい条件には人気ですね。

ではでは。
◆ブリザックGZですか? 鳥 2013/01/06(日) 12:55
我家は3台続けての4WDからプリウスに変えた時に値段が高いのを承知で安全を考えてGZにしましたが、それまで通っていたスキー場は多分、峠道が登れないだろうと思って通うスキー場もガラッと変わりました。

17年前に日産ラルゴに乗っていて大阪にまさかの大雪が降った夜に当時ダンロップの最新スタッドレスを履いていたので、性能チェックの為に明け方の街に繰り出したらノーマルタイヤのミラがケツをスリップしながらも登る坂道を、まったく登れませんでした。

プリウスでは危ない道には近寄らないようにしています。
◆REVO2です。 伸二郎 2013/01/06(日) 15:45
鳥さん、どーも。

ブリザックのREVO2です。
GZ(そんな名前だったんですね)はさらに高くて、「払っとれ」んと外しました。

ブリヂストンのHP見ると、GZの方が1割グリップが良くて、
転がり抵抗も良いみたいですね。
高いだけの価値があったんですね。

タイヤには疎いので知りませんでしたが、
調べると、REVO2は2006年発売開始だとか。
そんな設計の古いものだったとはがっかりです。
その割に高かったな。年末に買ったからか。。。

ダンロップのは今回タイヤ買ったお店の人もイマイチだと言ってました。
あんなでかい会社なのに。スタッドレスには力入れてないのかな。

ちなみに、家が前履いていたのはトーヨーのガリットG5です。
雪道でのグリップはREVO2に劣っておらず、
ドライのノイズ、走行抵抗はREVO2より良いと思います。
コストパフォーマンスは高いと思いました。
値段に差が出るのはブランド力と耐久性か?

美濃戸の林道に行って、初めて4WDが欲しいと思いました。
次に車買うなら4WDか、いや、4WDは高いし、燃費ちょっと落ちるし。。。

◆硫黄岳 さすプー 2013/01/06(日) 18:57
 硫黄岳、夏に登ったことがありますが、冬はまた格別ですね。
白と青のコントラスト、とてもきれいな写真です。
登りもきついはずなのに、さらっと書いてあるところが凄いです。
 10月から全く歩いてないので、初詣に京都の愛宕山に行って
きました。それでも、膝とふくろはぎはパンパンで、ところどころ
1cmぐらいの雪が積もっていましたので、何度か滑りました。
普通の夏用のスニーカーでしたので、雪がかかると冷たく湿って
きました。用心のために、ザックに30cmのゴム長靴を持って
いきましたが、使わずに終わりました。
◆スタッドレスタイヤ さすプー 2013/01/06(日) 19:00
 ブリヂストンは高いので、買うときはもっぱらヨコハマタイヤが多いです。
最近はダンロップのタイヤが安いので使っています。
スタッドレスタイヤはヨコハマでずっと考えていたのですが、シーズンも3ヶ月を
切りましたので、何だかもったいないような感じがします。
今シーズン、1度ぐらいは滑りに行きたいものです。
◆やっぱり、登山靴が良いですね。 伸二郎 2013/01/06(日) 22:23
さすプーさん、どーも。

硫黄岳、降雪後はとてもきれいでした。
さすプーさんも、スタッドレスに履き替えたら、一度どーです?

硫黄岳の登り、バテました。きつかったです。
普段運動していないので、徐々に体力が落ちるのを感じますね。
さすプーさんも運動していないとヤバイんじゃないですか?

愛宕山、なかなか景色の良い山なんですね。
雪があると、やっぱり防水性の高い登山靴が良いですね。

スタッドレス、個人的には厳しい条件を走らなければ、
特にブリヂストンでなくても良い気がします。

私は今までブリヂストンのスタッドレスは履いたことがありませんでしたが、
岐阜のスキー場(だいたい高鷲村あたり)や登山口に行く際に不便は感じませんでした。
今回、美濃戸の林道を登れなくて初めて考えたくらいです。

多くの人が言っているのでブリヂストンが良いのしょうから、
買って間違いはないと思いますけどね。

今シーズンは残り3か月しかないかもしれませんが、
今年買ったものは来シーズン、その次のシーズンも使えるので、
それほど損は無いと思いますよ。

ではでは。
◆最高の景色 きんちゃん 2013/01/07(月) 13:11
週末は天気も良く、とてもいい感じの雪山ですね。
写真の撮り方もすごくよく、なんか行きたくなるようなアングルですね。
週末はどこか近場の鈴鹿とか行こうと思ったのですが、あまり雪も積もっていないようなので、ボーっと家でまったりしてしまいました。
日帰りくらいそろそろ行かないと、体がなまりそうです。

美濃戸へ行くのは厳しいのですね。
12月に行きましたが、行く前に美濃戸口であきらめました。
歩いた感じでは、何とかなりそうな坂だと思ってましたが、カリカリに凍ってるんですよね。
やはり4WDが必要な道なのですね。
何年か前に、渋ノ湯(天狗岳の方)に行くときFFスタッドレスでは登れなかったことを思い出しました。
やはり、八ヶ岳の気温は低すぎるということですかね。

スタッドレスは、待ち乗りならどこのメーカーでも変わらないような。
今はダンロップが安くて使ってますが、スキー場とかなら不自由していません。
前使っていたブリジストンREVO2とあまり変わらないような気も。
REVO2は柔らかく、効きは多少いい気もしますが、すぐ減ってしまうので溝がなくなってしまうので長く使うのには向いてないかなと思います。
といっても、4年使いましたが。
◆美濃戸は強敵です 伸二郎 2013/01/08(火) 00:33
きんちゃんさん、こんばんは。

この土日は本当に良い天気でしたね。
来週もそうだと良いんですが、今のところ、イマイチっぽいですね。
1か月に1回は言っておかないと、体力の低下が激しくなってしまいますね。

スタッドレス、
ブリヂストンに限らず、価格にはちゃんと理由があると思いますので、
高いものは高いなりに性能は良いのだと思います。

前のRevo2と他社最新モデルが同等性能であれば、
Revo2より最新のGZは頭一つリードしているのでしょう。

ただ、その性能差が必要になるかは個人の用途次第でしょうね。

美濃戸は強敵ですね。
4WDはああいうとこで必要とされているんだと実感。

スタッドレスは4年持てば良い方だと思っています。
私は過去3シーズンで交換してきました。
ブリヂストンは寿命が長いのか?ふむむ。。。



◆八ヶ岳用の車買いました しんじじい 2013/01/11(金) 19:54
雨飾山でお会いしたしんじじいです。ご無沙汰です。アイスバーンで苦労していますね。
わたしも昨年4月に赤岳に登ったとき、美濃戸までFFの最低地上高15センチほどの車で、腹を擦りながらたどり着きました。すぐ後ろから来た車はオイルパンからたらたらとオイルが…。山も登らずJAFに引かれて下山していきました。
それ以来、美濃戸口から美濃戸までのゴツゴツ道が頭から離れず、昨年末に4WDで最低地上高21センチのディーゼル車を購入し、早速スタッドレスに履き替えて美濃戸に向かう日を心待ちにしています。何かタイヤショップで聞いたのですが、新品のタイヤはある程度距離を走らないと、本来の性能が発揮できないとか。新品は何か滑らないような素材がゴムでおおわれているのでしょうか。空気圧かも知れませんが…。少し不安な気持ちになりましたが、近いうちに行ってみます。今年も伸二郎さんの活躍楽しみにしています。
◆おっ、はやりのディーゼルですね。 伸二郎 2013/01/12(土) 00:05
しんじじいさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。

美濃戸への道、なかなか強敵ですよね。
美濃戸に限らず、登山口への道があれていところはたまにあり、
4WDの優位性を感じます。これから安心ですね。

スタッドレス、ブリヂストンやトーヨーのHPを見ると、
慣らしは200kmほど必要だとか。

理由はタイヤ表面に製造時に使うオイル(型からの剥離剤)
が浸みていて、滑りやすいとか、
スタッドレスはゴムに刻まれた溝とか、突起を出すためもあるんだとか。

とは言え、200km走らなかったらグリップしないわけではないと思いますけどね。

トルクフルなディーゼル、4WDには良く合いますね。
これから林道もなんのその。
行ける場所が広がりましたね。

良い山旅を。
ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/359-50ce7c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |