三度目の正直 2013/03/09(土) 23:38
今日、乗鞍に登ってきた。
3度目にしてよーやく頂上に立つ。
いやー、長かった。

勝因は暖かな天候もあるけれど、
やっぱり頂上までボード担いでいかんかったことだな。

黄砂で景色はイマイチだったけれど、
とっても嬉しい一日だった。

遂に登ったどー!


行程:
3/8 自宅 → 小黒川PA(車中泊)
3/9(晴れ) 乗鞍スキー場リフト終点 → ツアーコース → 肩の小屋
        → 乗鞍岳 → ツアーコース → 乗鞍スキー場 → 自宅

3/8
帰るの遅くなったし、天気予報で黄砂が来るっていうし、
ちょいと行く気が無くなりそうだったが、
細かなこと気にしてたら登る時期を逃してしまう。

行くしかねー。
レッツラゴー。

てなわけで出発したのだった。

3/9
ちょいと寝坊したが、スキー場着が8:15だから良しとする。
天気は快晴。今のところ、黄砂の影響は無いみたいだ。
風は強いが気温はとても暖か。

朝は澄んでいたのに。。。

準備をしてリフトを乗り継ぎ、リフト終点へ。

今回は頂上まで体力をなるべく残しておきたかったので
重いボードは担ぐのをやめてリフト終点に置いておくことにした。

スノーシューを履いてツアーコースを出発。
雪も締まって歩きやすい。

それにしても、今日は人が多い。
暖かな天気予報のせいか、3月だからか?

今日は人が多かった

順調に進み、急登を登り切ると吹きっさらしの位ヶ原へ。
風は前回より少し強いくらいだ。
稜線は今日もきつそうだな。

位ヶ原からは吹きっさらし

前回、肩の小屋に風裏が無かったのを踏まえ、
今回は肩の小屋手前の小屋で休憩&スノーシューをデポ。

今日は肩の小屋手前の小屋にスノーシューをデポ

アイゼン&ピッケルを装備していざ頂上へ。

肩の小屋までいくと風はますます強くなってきた。
ただ、今日は気温が高いので体があまり冷えなくて良い。

風に耐えながらトラバースを進み、
前回強風にあおられまくった雪壁を登る。

今日はボード担いでないから全然行けるぜ。

頂上へ向けてトラバース

雪壁を越えると稜線を抜ける強烈な風に体が持ってかれる。
相変わらず風の強いところだ。

そして目の前には見覚えのある景色が。
ぬぉー、戻ってきたぜ!

戻ってきたぜ!

風は強烈だが、今回はボードもないし、体力もまだまだある。
よゆーだ!

少し進んではちょいと休憩を交え、確実に前進。
そして、ついに頂上の鳥居が。
いよいよ来たんだな。

この鳥居をくぐれば頂上だ。

鳥居をくぐると乗鞍岳最高峰剣ヶ峰。
うぉー、やったどー!

頂上剣ヶ峰

頂上は社があるせいか、風裏もあって快適だった。
歩いてきた道とその向こうに畳平、槍穂。

槍穂方面

黄砂の影響で槍穂は霞んでいた。
うーん、残念。

槍穂は黄砂にぼやけてた

御嶽も霞んでいる。
まー、しゃーねーか。
またいつか来ればいいか。

大日岳と御嶽

暖かな頂上でパンをほおばりながら達成感に浸る。
今日は良くやったな。

しばらくぼんやりした後、下山へ。

帰りは肩の小屋に寄らず、朝日岳との間のルンゼをシリセード。
恐る恐るこの斜面を下りだし、

下りはやっぱり

最後の方は叫びながら満面の笑みで滑り終える。
やっぱり下りはシリセードに限るな。

シリセードでしょ

その後、スノーシューを回収してツアーコースを戻り、
スキー場リフト終点へ。

ボードに履き替え、スキー場内を滑って駐車場へ。
心地よい疲労感と満足感に浸りながら帰宅。

3度目にしてようやくたった乗鞍の頂上は格別だった。
今日はなんだか幸せだなぁ。

次どこ行こう?

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<いろいろ乗り越えて越百頂上へ | ホーム | 杣添尾根でリハビリ>>
コメント
◆早い復帰ですね きんちゃん 2013/03/12(火) 12:25
久しぶりにみさせていただきました。
骨折したということで、大変だなぁと思ってましたけど。
すでに山登りに復帰されてるなんて、びっくりです。
しかも、3000m峰に登られるなんて、体力もありさすがです。
乗鞍も春になると結構登られる方が多いんですね。
一回チャレンジしてみないといけないですね。
横岳(杣添尾根)もなかなか登りごたえもありそうですね。
今年の冬は、いろいろチャレンジしようと思いましたが、なかなか重い腰があがらず、ほとんど登れていないので、まだまだ残雪期ですし頑張りたいところです。
次はどこを目指しているんですか?
◆考え中です。 伸二郎 2013/03/12(火) 23:00
きんちゃんさん、どーも。

骨折、まだ痛みはありますが、もう大丈夫です。
もう医者に来なくていいと言われましたが、
レントゲンで骨が完全にくっついた様子を撮ってみたいなぁ。

乗鞍、天気さえよければお勧めです。
稜線の風は強いですが、他に登っている人もいるし、
危険個所は無いので安心して登れます。

寒いとなかなか外に出る気にならないですが、
だいぶ暖かくなってきたので、出かける気になるかもしれませんね。

次は針ノ木、蓮華岳に行こうと思ってましたが、
扇沢への道路が4/9まで通行止めみたいなので、
他の山を考え中です。

良いとこないかなー。。。
◆伸二郎さんに小さく拍手。 香です。 2013/03/15(金) 12:09
これ見て心の中で伸二郎さんに小さく拍手する自分がいたんだよなぁ。
天気良かったし、絶対行ってるだろうなーって思ってましたよ。
伸二郎さんすこしでも応援する気持ちと、ほんの数分の一いや数万分の一でも疑似体験させてもらってることに。拍手。感謝。。。

波乗り入門 出川 三千男 自分に小さく拍手する で検索してみて下さい。数年前、新聞で紹介されてたの見て、そうだよなーっ、いいこと言ってるって共感したのを覚えてる。

出川さんは著書の中で、「いい波に乗れば充足感があるけれど、それは自分で自分にとても小さく拍手する程度のもの。スポーツ選手も、際立った人ほどそうじゃないかな。球場で数万人の拍手を受けること自体に、あまり意味はない。拍手は自分で自分に、小さくする。」と。

俺の40年近く前からずっと好きな言葉
ストイック              そして
GO FOR IT

伸二郎さんは植村直己さんの 青春を山に賭けて 文春文庫 読んだこと有りますか。これも同じくらい前からたまに何度も読み返してしまうんだよなぁ。


追伸。17日の 「がっかり」 に拍手してるトンチンカンな奴は私です。
ぽちっとした後、ここでするのは不謹慎だってすぐ気がついたが、後の祭り。
悪意は勿論有りません。失礼しました。

◆念願の登頂ですね さすプー 2013/03/17(日) 04:36
 伸二郎さん、おはようございます!
乗鞍岳、3度目の正直ですね。指も回復され、登りの風対策も
万全。爽快な尻セードによる滑走。黄砂の影響はあるものの
快晴で青と白の世界。
 テカポの湖畔でコーヒーをⅡの方も同時期に乗鞍岳に登って
いますが、やはり森林限界から先の風が曲者で、頂上を極めず
途中で引き返しています。
 私は、昨日数年ぶりにバイクツーリングに行ってきました。
まだ寒いか暑いかよく分からないのですが、200km程度の短い
ツーリングをしました。
 途中、梅見に立ち寄ったところ、既に梅が散ってしまっていて
かわりに早咲きの桜が満開なところもあり、びっくりしました。
(河津桜ではありません。)
 それと先週、四日市のアクアイグニスとなばなの里に行きました。
なばなの里、人が多過ぎて、花見やイルミネーションどころでは
なかったです。
◆盛大に拍手しています。。。 伸二郎 2013/03/17(日) 18:54
香さん、こんばんは。

出川さん、しぶいことを言いますね。
自分が満足するか否かと言う点では少し通じるものがありますが、
器の小さい私は登頂の際にいつも心の中で
盛大にガッツポーズしています。
まだ心は成長しない子供です。

がっかりの記事の拍手、全然気にしていません。
どんな記事でも拍手はうれしかったりします。

がっかりの記事に拍手してるんだから、
自分への応援だと。そうとらえています。

植村さんの著書、読んでないです。
一度読んでみないとなぁ。。。
◆おっ、ツーリング良いですね。 伸二郎 2013/03/17(日) 18:57
さすプーさん、どーも。

なばなの里、ほんと人多すぎですね。
イルミネーションの日なんか、
まともに歩けないくらいですもんね。
平日にまったり見るのが良いですね。

ツーリング、良いですね。
200kmぐらいがしっかり景色も見れて良いと思います。
私もそろそろひとっ走りしてみようと思います。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/368-964e97f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |