小河内と塩見 2013/07/21(日) 23:36
土、日で小河内岳と塩見岳に登ってきた。

メインは登ったことのない小河内。
人も少なく静かで良かった。
山頂直下の避難小屋(営業小屋)に泊まっても良かったかな。

塩見は久しぶりに訪れたが、やっぱ良いとこだ。
特に、富士の眺めは素晴らしい。

久しぶりのテン泊で充実した週末だった。
夏山は寒くないから良いねぇ。

小河内岳。なんとか晴れた。

塩見岳


行程:
7/19(金): 自宅→鳥倉林道 登山口P(車中泊)
7/20(土):晴れ→曇り 鳥倉林道→三伏峠→小河内岳→三伏峠(テン泊)
7/21(日):晴れ→曇り 三伏峠→塩見岳→三伏峠→鳥倉林道→自宅 


今週末は行ったことないところへ行きたかった。
また、久しぶりにテン泊がしたくて、
どちらにもかなう小河内岳に行くことにした。

7/19
相変わらずの遅出で登山口に着いたのは24:45。
寝坊決定だなぁ。。。

7/20
許容範囲の寝坊でおさめ、6:50出発。
林道を45分歩いて(山と高原地図の30分はウソだな)登山口に着き、
そこから樹林帯の登山道をひたすら登る。

鳥倉林道 から登る

10:00過ぎに三伏峠に着き、
テントを張って(700円)小河内へ出発。

急登を登り切ると烏帽子岳到着。
なるほど、塩見の展望台と呼ばれるのが納得。

烏帽子から塩見岳を望む

それにしても小河内までの道はキツイ。
案外アップダウンがあるからだ。
平坦だと勝手に思ってたからより疲れてしまう。

おまけに途中からガスってなんも見えんし、
いっそ引き返そうかと思ったほど。

けど、もしかしたら晴れるかもしれんと思って頑張って進み、
見事晴れゲット。
うぉー、やったどー!!!

小河内岳。なんとか晴れた。

小河内からはなんと言っても荒川三山。
避難小屋(営業小屋)は山頂直下にあり、朝夕の荒川三山、富士山が良さげ。
今度くるなら避難小屋泊りだな。

小河内から荒川岳

小河内避難小屋(営業小屋)

帰り際、一瞬ガスが切れ、歩いた道と塩見が見えた。
満足。

小河内までの縦走路と奥に塩見

帰り道、ライチョウの親子にも会えたし、来てよかった。

雷鳥。小河内にて。

その後、ひーこら言いながら来た道を引き返し、
三伏峠でテン泊。
夕方からすっかりガスって星は見えず。まー、仕方ないか。

7/21
3:30起床。
昨日は19時に寝るも23時に起きてしまい、
結局その後2:00まで寝れんかったので眠い。

カップ麺を食べ、少しぼんやりして4:30出発。
薄曇りだが、雨は降らなさそうだ。
三伏山まで登ると視界が利いたが、曇り空で展望はイマイチ。

夜明けの伊那谷

その後、どーんと下ってどーんと登り返して、
またどーんと下ってどーんと登り返して、
ひーこら言いながら塩見小屋に着く。
稜線にアップダウンはつきものとはいえ、きつい。

ご飯を食べ、眼前に迫る塩見に向けて歩き出す。
急登が続き、きつい。
でも、空は雲が取れ、晴れてきた。最高だ。

塩見の登りで振り返る。

天狗岩を過ぎると塩見直下の壁のような登山道が飛び込んでくる。
懐かしい。相変わらず迫力がある。

塩見直下の壁

視線を左に移すと白峰三山や甲斐駒、仙丈の美しい景色。
特に白峰三山は素敵だ。

白峰三山

景色を楽しんだら気合を入れて、山頂へと進む。
遠目に見ると険しいが、特に難しいところは無い。

岩場を越えるとあとは花畑広がるなだらかな道を頂上へ。

イワベンケイ

西峰に着くと東峰へと続く気持ちの良い道と富士の眺め。
良い日に来れたな。

富士を眺めながら東峰へ

塩見頂上はそれほど人も多くなく、
まったり景色を楽しむことができた。

塩見東峰

荒川三山。

荒川三山

そして富士。
南アは富士の眺めが素敵だが、
その中でも塩見が一番素敵だと思う。

前景の山々の入り方が伸二郎の好みに合ってるのかな?

富士の眺めはやっぱ塩見が一番だ。

景色を堪能して、塩見岳を下る。
素敵な景色をありがとさん。

帰り道もきつかった。
特に本谷山の登り返しは堪える。

ばてながら三伏峠に着き、テントを撤収して下山。
午後はガスったが、雨に降られんかったので良かった。


今週末は久しぶりのテン泊登山で充実してた。
やっぱテン泊登山は良いもんだ。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<モヤモヤ御嶽 | ホーム | 沖縄にいったさー>>
コメント
◆塩見に行ってましたか? 鳥 2013/07/22(月) 23:11
私も塩見岳って好きなんですよね。
三伏峠のテン場も好きです。

中学の時に好きではなかったけど可愛い同級生が小柄な「塩見さん」でした。
小柄なのに何度か開いた同窓会では、パワフルにアン・ルイスの六本木心中を唄うんですよね。

久々に塩見岳から蝙蝠岳を眺めたくなりましたね。
◆アンルイス、良いですね。 伸二郎 2013/07/23(火) 21:38
鳥さん、どーも。

塩見、素敵でした。
関東からのアクセスが悪いせいか、人も割と少なかったし、良いとこでした。

塩見から延びる稜線、とても素敵なので、
いつか歩いてみたいと思いました。
いつかは来るのか?

アンルイス、Youtubeでたまに見ています。
好きな時に聞きたい曲が聞けるなんて、
便利な時代になったもんです。

ちなみに、私はあんまりパワフルでないWomanという曲が好きです。

ではでは。
わさびっこ 2013/07/24(水) 21:06
こんばんは、塩見岳、懐かしいですねぇ。
10年くらい前 私も鳥倉林道から入りました。
塩見岳の先、蝙蝠岳までの道が気持よくて疲れを忘れて、展望を楽しみ歩いた記憶があります。
帰りに鹿塩温泉に寄ったら塩見の由来が書いてあったような・・・。
今はよく覚えてないけど温泉はとてもよかった。
また 行ってみてネ。
◆いつかは蝙蝠岳まで 伸二郎 2013/07/24(水) 23:17
わさびっこさん、こんばんは。

塩見から眺める蝙蝠岳の稜線、とても気持ちよさそうでした。
あの稜線をあるきましたか。さぞ気持ちよかったのでしょうか。
私もあの稜線をいつか歩いてみたいです。

鹿塩温泉、良いですか。
最近、すっかり温泉に立ち寄ることもないですが、
今度塩見に行くときは立ち寄ってみようかな。

貴重な情報ありがとうございます。

ではでは。
◆小河内岳避難小屋 プリズム11 2013/10/07(月) 09:02
 こんにちは。

 2013年09/08~09/13に鳥倉から悪沢岳を往復した際、往復とも小河内岳避難小屋、宿泊しました。良いところですよねぇ。肝心の悪沢岳は中岳避難小屋での一晩を含め霧で真っ白でしたが(T_T)4949
◆いつかリベンジを。 伸二郎 2013/10/07(月) 22:41
プリズム11さん、こんばんは。

小河内避難小屋、確かに良さそうですね。
人も少なく静かで山小屋を楽しめますね。

悪沢岳、景色見えず残念でしたね。
とても大変なルートですが、景色は素晴らしいので、
晴天の日にまた再訪してください。

そういえば、いつの間にか、東海フォレスト経営だった山小屋が
ことごとく県営、市営になってるんですね。
儲けが少なかったのか、人員確保が面倒だったのか?
ちょっと驚きました。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/388-80cd34c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |