モヤモヤ御嶽 2013/07/29(月) 22:34
昨日、御嶽山に登ってきた。

晴天予報だったが、朝からガス祭でいまいちな景色だった。
でも、初めてのお鉢めぐりで景色が良さげな場所も見つけたし、
新しい御嶽の魅力を感じることができたのでまー、良かったかな。

次は晴れた日にお鉢めぐりをしてみたい。
夏は人がうじゃうじゃいるから、秋以降かな。。。

地獄覗き 活火山の荒々しさを見る

行程:
7/28(土): 自宅→田の原P(車中泊)
7/29(日)曇り: 田の原→奥ノ院→王滝頂上→剣ヶ峰→36童子経由二ノ池
          →王滝頂上→田の原→帰宅

日曜夜には自宅で花火を見ることになっていたので、
道路が混む17:00前に帰宅したかった。

手ごろな時間で登れて高度がある場所を考えたら、
御嶽が浮かんだ。

なんども登っているのでちょっと単調だが、
奥ノ院&お鉢めぐりのお初セットでマンネリを防げるとみて御嶽決定。

土曜、24:45に田の原についてびっくり。
めちゃんこ人がいる

普通車もそうだが、観光バスがえらい多い。
どうやら富士講ならぬ御嶽講が観光バスで来ているようだ。
夏に来るのは初めてだったのでその光景にしばしびっくり。

日曜、6:30登山開始。
快晴だろうと思っていたが、どうもご機嫌斜めのようだ。

御嶽 朝からご機嫌斜め

沢山の人に混じり、登っていくと森林限界を超え、7合目金剛童子に着く。
それにしてもすごい人だ。
御嶽ってこんなに人気だったんだなぁ。

7合目 登山者多い

人が多いし、ガスって景色は見えんし、伸二郎もご機嫌斜めだったが、
可愛いライチョウに会えてちょっと持ち直す。
八合目~九合目にかけて定住しているらしい。
可愛い雛もいたので、今後も楽しみだ。

八合目~9合目 で雷鳥に会った

九合目から奥ノ院方面へ進み、人混みともおさらば。
静かで良い道だ。

九合目から奥ノ院方面へ

相変わらずガスが多いが、たまに見える後ろの景色は素敵だ。
願わくば北アとかも見えて欲しい。

ガスの中から中央、南ア、八ツ

が、願いむなしくガスはさらに勢いを増す。
そんな時は花しかないよね。
御嶽は花は多くないが、それでもちらほら見えて満足。

高山植物は良い時期

登っていくと王滝頂上からの道とぶつかる。
ここにも奥ノ院と書かれているが、
地図に載っている奥ノ院はここから王滝頂上と反対方面に進んだとこ。
分岐の奥ノ院はなんだったんだろう?

奥ノ院

奥ノ院からは御嶽の荒々しい活火山の面が見られる。
地獄覗きと呼ばれる展望は荒々しく崩落した火口跡。
いつもの御嶽とはイメージがだいぶ異なる。

この眺めが見れただけでも今回の登山は意味あるもんだ。

地獄覗き 活火山の荒々しさを見る

パンを食べてちょいと休憩した後、王滝頂上に向かい、
さらに剣ヶ峰へと登る。

ちょいと休憩した後、お鉢めぐりへ。

あいにくのガスに阻まれ、景色は見れず。
継母岳越しに奥美濃の山々が見たかった。

お鉢めぐりはガス祭

ただ、そんな中でも、ガスの晴れ間から見えた頂上火口群の景色は雄大で、
ぜひもう一度晴れた日に来て眺めを楽しみたい気にさせてくれた。
御嶽の楽しみがまた一つ増えたので、来てよかった。

この景色を晴れで見たい

残雪が氷河のようになった二ノ池を見た後、

氷河チック 二ノ池

巻道経由で王滝頂上へ戻り、13:00過ぎに下山。
今日は涼しかったせいか、疲れが少ないな。

16:30に帰宅し、
嫁や嫁のお母さん、叔母さん、家の母ちゃんと妹家族と花火見物。
今年は風が少しあって煙がすぐ流れて花火が綺麗だった。満足。

帰っておいでん花火観賞

動画はこちら(youtube)


お鉢めぐり、なかなか景色が良さげだったので、
次は秋晴れの日にじっくりと景色を堪能しよう。

北海道まであと2週間、
体力づくりの為、今週末はテン泊登山だな。
そろそろ北が良いかなぁ。。。




テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<モヤモヤ蓮華岳 | ホーム | 小河内と塩見>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/389-0d41d6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |