大峰リベンジ 2013/11/24(日) 22:25
昨日、今日で大峰に登ってきた。

大峰に行くのは6年ぶり。
前回はガスでなんも見れなかったが、
今回は晴天で良い景色を味わうことができた。

予想外にお金がかかってしまったが、
良い天気で良い景色に出会え、満足だ。

弥山と大普賢岳


行程:
11/22(金): 自宅→道の駅杉の湯川上(車中泊)
11/23(土)晴れ: 和佐又ヒュッテ→大普賢岳→行者還の宿(避難小屋泊)
11/24(日)ガス後晴れ: 行者還の宿→八経ヶ岳→行者還トンネル西口
              → タクシーで和佐又 → 自宅

和佐又から車の回送ができると思っていたが、できんかった。
迷ったが、仕方がないのでタクシーで帰ることにして縦走した。

タクシー代は12000円!
行者還トンネルまで呼ぶのに4000円、行者還から和佐又までが8000円だそうだ。
ちょっと高すぎる気がするが、まーしゃあない。

和佐又から大普賢岳まではちょっとスリリングな岩場もあり、
退屈しなくていい。

ちょっぴりスリリングな鎖場

頂上からの展望はなかなか。
樹氷の木々の向こうに雪化粧の弥山。
なかなか素敵だ。

大普賢岳頂上から弥山方面

普賢岳は険しい山容。
トンガリ祭だ。

稚子泊ちょい南の展望地から普賢岳を望む

大普賢岳からの縦走路は鎖場あり、静かな森の道あり、
たまに綺麗な景色ありと変化に富む。

静かな道

この日のお宿は「行者還の宿」。
と言っても無人の避難小屋なんだけどね。

綺麗だし、トイレもあるし、5分も歩けば水場もあるし、
おまけに無料だし、良いところだ。

本日のお宿。

翌朝はガス祭で始まる。
初めての道で暗い中、おまけにガスでちょいと迷いそうになった。

明るくなってからはガスがあっても道がわかって大丈夫。
奥駈出合からは他の登山者もいて安心。

ガスの中弥山を目指す

弥山からは土曜歩いた大普賢岳が印象的だった。

昨日歩いた峰々を振り返る

6年前なんも見えんかった八経ヶ岳からはしっかりと景色が見えて満足。
ようやく、本当の大峰に出会えた。

弥山と大普賢岳

ぼちぼちと下山し、タクシーで和佐又に戻り、帰路へ。
帰りは亀山からえらい渋滞してうんざり。
今度から鈴鹿から高速乗ろっと。

タクシーの料金には凹んだが、天気も良く、大峰をしっかりと味わえて満足。
やっぱ山は天気の良い日に登らんとね。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<うーん、ウダウダしてまった。。。 | ホーム | ウダウダに凹み、ウダウダに喜ぶ>>
コメント
◆はるばる、よ~お越し。 鳥 2013/11/25(月) 20:07
遠い中、大峰まで御苦労さまです。
私も日曜日は台高山脈を16kmほどグルリップして来ました。
稜線の雪歩きに疲れましたわ、、、、、
◆確かに遠かった 伸二郎 2013/11/26(火) 00:21
鳥さん、どーも。

確かに家からだと遠かったです。
北アルプス行くのと変わらないか、
帰りは渋滞もあったし、北アルプスより時間がかかったくらい。

16kmとはまた歩きましたね。
今年は寒くなるそうで、雪歩きが増えるかもしれませんね。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/403-62f3a4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |