平山明神山、岩古谷山 2014/03/15(土) 21:15

今日、地元愛知の平山明神と岩古谷山に登ってきた。

天気も良く、南アルプス・奥三河の山々が綺麗に見えたし、
適度な標高差、難易度で運動にもなったし、まーまー良かった。

特に岩古谷山は気楽に登れて眺めも良い愛知でも数少ない良い山だと思う。

もう一つの明神(三ッ瀬明神山)を望む


行程:
3/15(土)晴れ: 自宅 → 和市駐車場 → 鹿島山 → 大鈴山→ 平山明神山
          → 岩古谷山 → 和市駐車場 → 自宅


今週は天気予報も良いし、竜ヶ岳リベンジだと意気込んでいたが、
日曜からひいた風邪が治らず、遠くに行く気が起きなかったので、
愛知県の山で我慢することに。

展望の良い山ということで岩古谷山にした。
ただ、岩古谷山だけだと物足りないので、
平山明神山も登るぐるっと一周コースにした。

金曜、早寝をしようとベッドに入るものの、咳で眠れず早寝失敗。
で、朝、咳で早い時間に目が覚めるものの体調がイマイチなので2度寝。
結局、予定より2時間遅い8時起床となる。
やー、寝坊したね。風邪だもんね。仕方ないね。

大寝坊だけど、GWまでの体力づくりの為、山は登る。
車を走らせ、10:00登山口駐車場到着。
自宅から1.5時間。鈴鹿行くのと変わらん位かかった。
竜ヶ岳行っても良かったかも。。。

準備をして10:30出発。
少し道に迷いそうになりながらまずは鹿島山を目指す。
鹿島山までは樹林帯を急登。
特に神社からはきつかった。

鹿島山へは樹林帯を急登

ふくらはぎをパンパンにしてたどり着いた鹿島山は展望なく、
すぐに次の大鈴山に向かう。

大鈴山頂上では8、9人くらいの先客が昼飯中。
南アルプスが綺麗に見える。結構いいじゃない。

大鈴山から南アを望む

伸二郎も腰を下ろし、パンをほおばる。
今日は風は冷たいが素晴らしい晴天で気持ちが良い。
空気も澄んでいて遠くまで綺麗に見えて良い。

パンを食べ終わったら平山明神に向かってまずは急な下り。
気を許すと滑ってこけそうなくらいの急傾斜。
下りでも楽でないな。

下り切るとグミンタ峠というへんてこりんな峠に着く。
なんだグミンタって?

グミンタってなんだ?

グミンタからは急な登り返し。
しばし登っていくと平山明神への分岐。

分岐を平山明神に進むと、急登の後痩せた稜線に。
プチナイフリッジとかもあってなかなか面白い。
特に難しいところはなく、注意すれば問題ない。

平山明神へプチナイフを超える

平山明神は山頂こそ展望がないが、2つある展望所からはそれぞれ良い眺め。

西覗きからは中央アルプス南端の山と南アの眺めが良い。

西覗きからは南アの眺めが見事

ここから眺めると聖がとてもピラミダルに見える。
かっこいいね。ちょっと登ってみたくなるね。
アクセスする林道が通行止めで無かったらなー。。。

聖がこんなにピラミダルだとは

東覗きからは奥三河の山々の眺めが良い。
特にもう一つの明神である三ッ瀬明神がかっこいい。
あっちにもいつか行ってみようかな。

東覗きからは奥三河の山々

しばし休憩した後、岩古谷山へ向かう。
分岐まで戻って岩古谷山方面へ進むと、
いやはや、なかなかのアップダウンで。

それもかなり急な場所が多くて大変だった。
良い運動になるね。。。

明神から岩古谷山へは急峻な登り

下り

ようやく和市からの道と合流してからは整備も行き届き、楽になる。

岩古谷山への道は整備が行き届いている

岩古谷山はその名の通り岩の山。
そのため、頂上周辺には木々が無い展望所が多くある。

振り返れば先ほど登った平山明神。

平山明神

頂上を少し進んだところからは南に続く鞍掛山への主稜線。

岩古谷山から鞍掛山

西には和市の集落と鹿島山。
なかなかいいじゃないか。

岩古谷山から和市集落、鹿島山を望む

ベンチも整備された岩古谷山山頂でこの日最後の休憩。
水筒で持ってきたお湯でコーヒーを作ってまったり。
今日は最後まで良い天気で良かった。

休憩

お腹も満たされたところで堤石トンネルに向けて急な登山道を下った。

今日は体調はイマイチだったが、天気も良く、良い山歩きができた。
特に岩古谷山は簡単に登れて展望も良いのでお勧めかな。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<優と梅を | ホーム | ビックリするね>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/427-15d5f046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |