笠でテン泊を。 2014/07/13(日) 22:05
土、日で笠ヶ岳に登ってきた。

日曜は天気予報が外れてよもやの雨。
でも、当たらない晴れ予報をしてくれたおかげでテン泊計画が立てられた。
そうゆう意味では外してくれてありがとうかな。

完璧なスタイル。
行程:
7/11(金): 自宅 → 新穂高登山者P
7/12(土)晴れ: 新穂高 → 笠新道 → 笠ヶ岳(テン泊)
7/13(日)曇り→雨: 笠ヶ岳 → 笠新道 → 新穂高 → 自宅


稜線でテン泊がしたかったが、3週間雨の週末が続き、行けずにいた。
ようやく土日に晴れマークがついた。今週を逃す手は無い。

そんじゃ、どこ行こうか?
大好きな白馬か。いや、ちょっと遠いし、他の場所にも行ってみたい。
蝶ヶ岳も去年行ったし、大天井も5月に常念行ったとき一の沢からのルート歩いてるしな。

そういえば、槍穂が眺められると言えば笠ヶ岳のテン場も行ける。
笠のテン場でテント張ったことないし、よし、笠ヶ岳に行ってみよう。

てなわけで笠ヶ岳に決定。
笠ヶ岳は1日目の行程が長いので早出に備え、金曜は珍しく登山者Pに22:00着。
その甲斐あって土曜日は5:15にスタート。

が、いきなりちょっと心配なものを見てしまった。
新穂高の登山者ポスト前でこんなもん発見。

なぬ、アイゼン要るの?

アイゼンもピッケルも持ってきてないが、
まー、昨日までの雨で結構溶けてるし、キックステップで行けるでしょと先へ進む。

左俣林道は当たり前だが雪などなく、
GWのデブリ祭が嘘のようだった。

雪崩があったことはみじんも感じない

笠新道の入口で下りスペシャルのチャリンコを置いて、
いざ笠新道へ。

さぁ、笠新道行こか

笠新道はうわさに違わぬ急登でなかなかバテた。

笠新道はやっぱり急登続き

しかし、2000m付近からは展望が開け、
きつい中にも満足感は結構ある。

2000m付近からは展望が開ける。

特にキツイかったがの杓子平手前ぐらい。
ここはバテた。

杓子平までがきつかった

急登を終えると、不意に目の前に迫力の景色が広がる。
屏風のような主稜線の壁。かっこいい。

杓子平、迫力の展望

杓子平で休憩しながらふと雪渓を歩く人を発見。
なぬ、そんな急な雪渓を歩いていくのか?
うーん、簡易アイゼンぐらい持ってこれば良かったか?

あそこ行くの?ちょっとおっかないねぇ

が、雪渓は近くまで来ると大したことなく、
距離も短く、ステップも刻まれており、楽だった。
これから笠ヶ岳に行く人はアイゼンもピッケルもいらんと思う。
(まー、持っていけば特に下りは安心だから気になる人は持っていくべし)

杓子平から抜戸岳までの急な登りをようやく終えると、
待っていた展望が開けた。
この景色が見たかった。

この景色が見たかった

もちろん、槍穂の眺めもバッチリだ。
今日は昼間はガスるかも知れないと思っていたが、晴れて良かった。

槍穂の眺めもバッチリ

しばし休憩した後、目の前に広がる展望を楽しみながら笠へと向かう。
それにしても笠ヶ岳はかっこいい。
迫力と美しさを兼ね備えた姿に何度も見とれた。

何度見てもかっこいい

バテながらようやくテン場到着。
標高差1700mを登り切った。お疲れ。
結構きつかったが、6月の福島Bコースほどではないな。
ありゃ、本当にきつかったもんなー。

そのテン場はやっぱりナイスロケーション。
目の前には槍穂の稜線がばばーんと広がる。
テントからこの眺めが楽しめるなんて最高じゃないか。

ナイスロケーション

ちょっと残念なのはトイレが小屋にしかないこと。
小屋までは登り10分。ちょっとした罰ゲームだよ。
これだけが唯一の欠点。なんとかならんかなー。。。

テン場の申し込みとトイレと水(まだ水場が出てなかった)の為小屋へ。
水は小屋で無料でもらえた。ありがたい。

キリンレモンを買って一休みした後、頂上へ。

頂上に着くもあいにく薄雲が広がってあたりが影ってしまった。
太陽さえあればとても素晴らしい景色だったのに。残念。

薄雲で影ってしまった。。。

焼岳と乗鞍。太陽がなんとか射してまだ綺麗だ。
ナイスコンビ。

焼岳と乗鞍。美しい。

しばし頂上でぼんやりした後、テン場へと戻る。

夕食はこの眺めを見ながら。
テントの入口を開けてても寒くないのは夏山の良いところ。
夏山最高だ。

夕食はこの眺めを見ながら。贅沢。

この日は夕暮れ時に少し雲が湧いて夕日が見れるか見れないか微妙だった。
翌日の朝は早く起きたかったので後ろ髪をひかれつつも18:30就寝。

明けて日曜。
2:50に起床し、テントの外を見ると、思ってもいない景色が。
がっつり曇ってるじゃないか。
そんなバカな。今日は晴れ予報じゃなかったのか?

携帯で天気予報を見るとなんと曇り→雨予報に変わっている。
おのれダメ気象庁。給料下げたらんといかんな。
昨日、頑張って夕景撮っとけば良かったよ。。。

天気が悪いものは仕方ない。
雨は昼からの予報なので、それまでに下山できるように出発しよう。

テントを撤収し、4:20に出発。
じゃあね、また来るかも。

さよなら。でも、また来るかもよ。

抜戸岳でシャリバテ気味だったのでエネルギーを補給し、
素晴らしき笠ヶ岳の展望に別れを告げ、杓子平へと下って行った。

さぁ、下るか。

杓子平で休憩した後、長い急登を下る。
曇りで展望はすぐれなかったが、キヌガサソウを見つけたりして気分は良かった。

キヌガサソウ発見。感動。

昼から雨だとの予報は外れ、雨は8:00過ぎから降り出した。
そのあとは写真も撮ることなく淡々と下り、9:20笠新道入口着。
その後はチャリンコでばびゅーんと登山者Pへ。

帰りはばびゅーんだ。

登山者Pに戻ってきたらちょうど一人の登山者が近くの駐車場に戻ってきた。
ふと車を見るとモンベルシールが着いている。
もしかしてと思ったらやっぱり鳥さんだった。
こんなところで会うとは驚きだ。

聞けば槍平でテン泊し、奥丸山に登ったとのこと。
なかなか渋い良い山行されてるなー。
少し話して鳥さんとお別れ。

着替えを済ませ、雨で涼しげな道を家へと帰った。

今回は梅雨の晴れ間で良い景色を味わえて満足。
朝晩の景色が楽しめたら言うこと無かったが、それはまた今度にしよう。

さて、次はどこ行こうかな。。。

| 登山 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<槍~南岳稜線歩き | ホーム | 車のユーザー車検>>
コメント
◆びっくりしました。 鳥 2014/07/14(月) 22:37
金晩22時に到着だったんですね。
私はAM2時到着でした。
昨年の北海道行きの新日本海フェリーも同便でしたが出合えず。

今回、ひょんな場所でお目にかかれて嬉しゅう御座いました。
夏山ハイシーズンに突入ですけど、またどこかで御逢い出来そうですね。
◆今度は山の上で。 伸二郎 2014/07/15(火) 07:37
鳥さん、どーも。

本当にびっくりしました。
フェリーで会わなかったのもびっくりですが、
新穂高の駐車場で会ったのはもっとびっくりしました。

そろそろ梅雨も明け、登山シーズン到来ですね。
今度は快晴の山の上でお会いできたら良いですね。

ではでは。
◆アルプス きんちゃん 2014/07/15(火) 22:44
北はいいですね。笠新道は大変ですが、登ったあとはいい景色待ってますし。
今の季節、まだアイゼン、ピッケルとよくあるので必要かと思ってましたが、行けてしまうんですね。
さすがです。
笠は天気いいときにいきたいものですね。北アルプスに行けてないので早くいきたいものです。
やはりいいやまたくさんありますよね。
◆北は良いですよー 伸二郎 2014/07/16(水) 00:25
きんちゃんさん、どーも。

笠新道、急登できついですが、
おっしゃる通り展望が素晴らしく、苦労が報われる道でした。

アイゼンとピッケルは結果的になくても行けましたが、
もう少し早い時期だったら無いときつかったかもしれません。
もう少し調べて行くべきだったとちょっと反省です。

もうすぐ梅雨明け、夏山が楽しみですね。
北アルプス、どこへ行っても素晴らしく、どこへ行こうか悩ましいですね。

お互い、素敵な山旅になると良いですね。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/455-d85c9454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |