みちのく火山旅 2015/05/04(月) 21:53
今年のGWはみちのく登山。
かつてないほどの晴天に恵まれ、5山を完登。
いやー、良いGWだった。

熱き東北はすべて火山。
どの山もそれぞれに良さがあったが、
個人的に1番を挙げるとすれば安達太良かな。

安達太良 火山地形を楽しむ

行程:
4/27(月): 自宅 → 恵那SA(車中泊)
4/28(火): 恵那SA → 道の駅 いかりがせき(車中泊)
4/29(水)晴れ: 弥生登山口→岩木山→弥生登山口→青森市→酸ヶ湯温泉(車中泊)
4/30(木)晴れ: 酸ヶ湯温泉→仙人岱経由 大岳→赤倉岳→毛無岱→宮様コース
           →酸ヶ湯温泉→十和田湖→岩手山登山口(車中泊)
5/1(金)晴れ: 馬返し→旧道コース→岩手山→新道隣の沢→馬の背
           →安達太良登山口(車中泊)
5/2(土)晴れ: 奥岳登山口→薬師岳展望台→乳首→箕輪山→勢至平経由奥岳登山口
           →那須岳登山口(車中泊)
5/3(日)晴れ: 峠の茶屋登山口→峠の茶屋避難小屋→茶臼岳→朝日岳→三本槍
           峠の茶屋避難小屋→峠の茶屋登山口→小黒川PA(車中泊)
5/4(月): 小黒川PA→自宅


写真を適当に貼っときます。

今回はすんごく長いから最初にダイジェスト載せときます。


岩木山

岩木山 下りは沢をシリセードで


八甲田

八甲田 南八甲田の景色。


岩手山

岩手山 成層火山らしい景色。


安達太良

安達太良 火山!


那須岳

那須岳 この山もかっこいい。





以下本編。すんごく長いよ!!

4/28

世間はまだ連休前の平日なので高速は空いている。
小布施付近を通っていると前方に桜並木が見えるので立ち寄る。

小布施SA横には見事な八重桜の桜並木があった。
こりゃ、良い。

小布施 八重桜並木


SAにはラングドシャソフトなるものが。
ふーむ、500円は少し高いが、食べねば語れぬ。

ふむふむ、ソフトもラングドシャも濃くて美味しいが、
ラングドシャは割れやすくソフトがこぼれやすいな。
個人的にはワッフルコーンの方がソフトとの相性は良いと思う。

ラングドシャ ソフト


その後は延々と日本海側を走って、22時ようやく道の駅に到着。
遠いぜ青森。



4/29

30分の寝坊と30分のウンコ波との戦いで1時間遅れで岩木山登山スタート。
朝イチの下痢とあまりに寂しげな弥生登山口の雰囲気でイマイチなスタート。

夏道に沿ってトレースの無い尾根道を行く。キツイ。

岩木山 尾根を急登


途中からようやく木々が切れ、景色が開ける。
その後もきつい登りは続いたが、無事に頂上到着。

岩木山 頂上東面は残雪豊富


下りは沢沿いを登ってきた登山者の情報で雪がつながってるとのことで、
沢沿いをシリセードで下る。

岩木山 下りは沢をシリセードで


途中から傾斜も緩く、沢の中央に水の流れてる音がしてきたので、
ずっとトラバース気味に歩いていった。
下の方は雪は残るが、木々は春の装いだった。

岩木山 沢の下部は春の訪れが。


下山後振り返る岩木山は実に端正でかっこよかった。
できれば菜の花と青空と撮りたかったが、これでも十分か。

岩木山 振り返り仰ぎ見る


そうそう、道路沿いに土筆が生えていた。
昔は良く見ていたが、最近は見る機会が無くなっていたな。
なんだかちょっと懐かしい。

つくしなんて久しぶりに見たな。



登山の後は青森市内のトイザラスでヒップソリを買って(家に忘れたんで。。。)、
ついでにお風呂と食事。
この旅唯一の旅感のある食事だった(刺し身定食1700円) 。

この旅唯一の定食。。。


酸ヶ湯まで走って酸ヶ湯キャンプ場隣の広い駐車場で車中泊。


4/30
寝袋を厚めのにしたので快適な目覚め。
準備をして夏道ルートで登山開始。
初めから雪は合ったが、峠付近と稜線上は雪は無かった。

大岳頂上に近づくと南八甲田の眺めが素敵だった。

八甲田 南八甲田の景色。


ほぼ独占状態の頂上を過ぎて、いったん鞍部に下っていく。
途中、雪渓があったので、こいつの出番。

なんとアナ雪仕様!
まー、確かにヒップだからアナ(穴)はあるが、そんな汚い理由ではないだろうな。。。

八甲田 こんなとこにもアナ雪が。。。


アナ雪ヒップソリはなかなか良くできており、快適に滑ることができた。

いったん、鞍部に下った後、避難小屋でトイレを済ませ、井戸岳に登り返して、
赤倉岳まで歩いた後、赤倉岳付近の沢をシリセードで下る。

さらに沢沿いを適当に下って毛無岱へ。
毛無岱からは来りし稜線が見事だった。

八甲田 残雪の樹林帯を行く。


下りはスキーツアーコースの宮様コースで。
最後に酸ヶ湯にシリセードで下って、終了。
もちろん、お尻はこんなんだ。

八甲田 まー、そうなりますわな。


登山の後は十和田ゴールドラインを通って十和田湖へ。
ゴールドラインはプチ雪の回廊ができていた。
今年は雪が少ないのでこんなんだが、例年はもう少し壁が高いんだろう。

十和田ゴールドライン 雪の回廊


雪の回廊はそれほどだったが、新緑は素晴らしく美しかった。
写真はうまいこと表現できなかったが、まぶしいくらいに綺麗な緑だった。
新緑の季節って良いね。

十和田ゴールドライン 新緑がまぶしい。


その後、展望台から十和田湖を眺め、

十和田湖


コインランドリーに立ち寄って、さあ、八幡平へ
と思いきや、17:00-8:30夜間通行止めで走れず。
うーん、コインランドリー後にしておけば行けたか。。。

まー、いいや、道沿いから美しい岩手山の姿が見えたから。

岩手山 実に端正。


岩手山の広い登山口駐車場には先客が3台ほど。
岩木山も八甲田もそうだが、東北の山は人が少なくて良いね。


5/1
相変わらずの寝坊で30分遅れでスタート。
馬返しからのコースは途中で旧道、新道と2つに分かれる。
7合目で再び一緒になるのだが、どっちに行こうか迷う。

この季節の登りは旧道がお勧めだ。
旧道は木々の少ないザレた道を行くが、
展望が良いだけでなく、雪が少なくて歩きやすいのだ。

ちょっと富士山に似た雰囲気かな。

岩手山 旧道は雪も無く、眺め良い。


7合目を過ぎると傾斜も緩まる。
頂上からは火山らしい豪快な眺め。
やっぱり富士山に似ている。

岩手山 成層火山らしい景色。


目立っていた秋田駒ヶ岳。きれいな山だ。

秋田駒ヶ岳


八幡平。今度は夏に来るかも。

八幡平


下りは沢沿いをひたすらシリセード。
傾斜はなかなかきつく、ヒップソリは無しで行く。
沢沿いに雪がつながっているところもやっぱり富士山に似ている。

下りはもちろんシリセードで。


お尻をぬらしながら登山口到着。
着替えを済ませたら次なる山である安達太良に移動。
あんまり意識してなかったが、300km以上も距離がある。
東北、地図で見るとあんまり実感ないが、広いんだな。。。

24:30に登山口について就寝。
なお、トイレは駐車場でなくロープウェーの建物の1階にある。分かり辛い。


5/2
1時間の寝坊でスタート。まー、昨日遅かったでな。
地図を見ながら分かり辛いスキー場隣の登山道を行き、
ロープウェー山上駅を経由して乳首(安達太良山)へ。
なかなか良い眺めじゃないか。

安達太良 乳首からの眺め


矢筈森までくると、さらに良い眺めが。
いやー、ダイナミック!

安達太良 火山!


そうそう、この尾根、牛の背と馬の背という名前がついている。
馬の背は良く痩せ尾根に使われる言葉だが、
牛はそれよりも広い尾根ということなのかな?

牛と馬の違いは?


鉄山付近で振り返ると、こりゃまた良い眺め。
素晴らしいじゃないか安達太良!

安達太良 かっこいい!


鉄山から先はこれまでの火山的な眺めと異なり、
穏やかな感じに。

安達太良 こうゆう景色がなんか好き。


箕輪山まで歩いて昼飯。
磐梯山、その姿を見たことが無かったが、なかなか端正じゃないか。
夏に登りに来よう。

磐梯山


矢筈森まで戻ってきて勢至平経由で下山。
途中までぐちょぐちょで試練のような道だった。

それから旧道(登山道)と馬車道(林道よりも狭く、急で登山道よりも広い)に分かれる。
旧道っていうけど、馬車道も名前からして十分に旧い気がする。。。

どっちも旧い気がするが。。。


この後、那須に移動して就寝。
月が明るい夜だった。


5/3
朝は雲海が広がっていた。
さすが標高1462m、良い眺めだ。

那須岳 雲海の朝


今までとは異なり、たくさんの車が止まっている。
さすがに関東圏は東北とは違う。
東北の静けさが懐かしい。

峠の茶屋避難小屋経由で茶臼岳に登る。
噴気が出て外観含めて焼岳に似ている。

茶臼岳


頂上付近は意外に穏やかで眺めも良い。

那須岳 この山もかっこいい。


いったん避難小屋に戻ってそのまま朝日岳に向かう。
剣ヶ峰の雪渓トラバースはアイゼン・ピッケルが必要と書いてあったが、
しっかりしたトレースができているこの時期は要らんかな。

朝日岳からは360度の展望。
先ほど登った茶臼山の眺めが素晴らしい。

那須岳 茶臼岳


朝日岳までは非常に荒々しいが、それ以降は穏やかだ。
安達太良と同じようにここも変化があって面白い。

那須岳 朝日岳と茶臼岳


那須岳 三本槍付近はのどかな感じ


見た目よりちょっときつい道を行くと那須岳最高峰三本槍到着。

飯豊山や猪苗代の眺めが良くなるが、
眺めとしては朝日岳までで十分かな。

那須岳 三本槍頂上


しばし休んだ後、来た道を引き返して下山。
下山後は那須の温泉「小鹿の湯」で貸切状態の温泉を楽しむ。
(GWで宿泊客が多く、日帰り客断りの看板を置いていたとか。。。)

その小鹿の湯で止まっていた原二種。
ナンバーが良い感じじゃないか。

我孫子市 ゆにーくなナンバー。


その後、なんと那須ICまで降りるのに2時間もかかる大渋滞にやられて、
宇都宮に行く気も失せ、スルーして前橋で王将で夕食。
まー、美味しいけど、宇都宮みんみんにまた行きたかったな。。。

宇都宮をスルーして群馬で王将。。。


その後、なんだか眠れず、結局3時まで走ってしまった。
が、走ってるときは眠かった。だいぶ反省。
やっぱ、走るのは1時までにとどめよう。
小黒川PAで就寝。


5/4
ゆっくり起きてぼちぼち走り出す。
自宅ではかわいいニャンコがお迎え。
無事に帰ってきて一安心。ただいま。

ただいま。愛する虎ちゃん。



今回は、滅多にないような晴天続きで素晴らしい山旅となった。
GWの東北登山、岩手以北はアイゼン、ピッケルは持参したほうが安心かな。

東北の山もこれでだいぶ登れた。
今年と来年でなんとか全部登りきりたいが、
朝日と飯豊が残っているのでちょっとつらいか。。。


| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<GW終盤はまったりと | ホーム | リベンジ。>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/505-a5c6119f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |