藤原岳 2016/05/14(土) 23:51

今日、藤原岳に行ってきた。


天気は途中ちょっと薄曇りだったが、

ぼちぼち晴天で満足。


下りは頭蛇ヶ平から木和田尾根を使ったが、

子向井山経由で下る途中、ちょっと道に迷った。

特にやばい感じではなかったが、気をつけんとな。


来週はもう少し高山に行こう。


6I5A3352_920.jpg



5/13(金): 自宅 → 藤原簡易パーキング(車中泊)

5/14(日): 藤原簡易P → 大貝戸道 → 藤原岳 → 天狗岩 → 頭蛇ヶ平

      → 木和田尾根 → 子向井山 → 藤原簡易P → 自宅


fujiwaradake_160514_920.jpg



今週は入道よりもちょっと長い距離を歩きたかった。

標高差は1000m位が良いと思って考える。


アルプスに行きたい気持ちはあったが、まだ雪が残っていそうなので、

無理をせず今週も鈴鹿に。

標高差と展望で藤原岳に決定。

ピストンは退屈に思えたので、頭蛇ヶ平まで縦走し、木和田で下る周回にした。


金曜夜に藤原簡易パーキングで車中泊。

暑くて寝袋に入らず寝たら朝方寒くてちょっと風邪気味に。

うーむ、難しい。。。


翌朝はいつものごとく寝坊。30分なので許容範囲。

道路を歩いてまずは藤原岳の表登山口に向かう。

曲がるポイントはまだかまだかと気にしながら行くと、発見。



6I5A3300_920.jpg



登山口では駐車場がいっぱいだった。

途中に有料駐車場があったのが納得いった。


6I5A3303_920.jpg



トイレを済ませ、いざ登山道へ。


登山道は基本的に傾斜の強い樹林帯の道。

荷物が軽いのもあって快調に飛ばす。


6I5A3309_920.jpg



1時間10分程で8合目へ。

かなり早いペースだったので、大休止。


6I5A3314_920.jpg



8合目からつづら折れに登っていく。

緑が綺麗だ。


6I5A3322.jpg



9合目からは良い感じの景色。

冬に登った時もこの景色を撮ったっけ。


6I5A3327_920.jpg



その後は最初に飛ばしたのがたたって、ペースが上がらず。

それでも予定時間よりは早く藤原山荘へ。

トイレが新しくなっていた。感謝。


6I5A3333_920.jpg



いざ頂上へ。


途中で綺麗な馬酔木の新橙に和み、


6I5A3337_920.jpg



汗をかきながら最後の坂道を登り切る。

いつの間にか頂上っぽい標識ができていた。

いずれ、ここが頂上に決まるだろう。


6I5A3349_920.jpg



さて、緑美しい景色を見ながらお昼としますか。


6I5A3352_920.jpg



御池や天狗岩が見える。

なんか、形が似てるな。


6I5A3358_920.jpg



しばしまったりした後、美しい新緑を見ながら来た道を戻る。


6I5A3363_920.jpg



6I5A3366_920.jpg



藤原山荘まで戻ると、そのまま天狗岩方面へと進む。


天狗岩からはどこまでも続く緑の山や、


6I5A3393_920.jpg



新緑で輝く山肌が美しかった。

5月はなかなか良い季節だ。


6I5A3395_920.jpg



天狗岩の後は頭蛇ヶ平へと向かう。

道は緩やかに下って登る。

人にはまったく会わず、静かで良い道だった。


6I5A3405_920.jpg



6I5A3407_920.jpg



明るいピークが近づいたと思ったら、


6I5A3409_920.jpg



鉄塔が現れ、頭蛇ヶ平到着。


6I5A3412.jpg



ちょっと休んだ後、木和田尾根に下る。


最初のうちは踏み跡もほとんど見えず、目印も無く、

ちょっと迷いやすいと思ったが、

まずは鉄塔を目印に進めばよい。


6I5A3418_920.jpg



その後もやや分かり辛いが、とにかく尾根を行く。

やがて登山道が明瞭になると、

ほどなく白瀬峠からの道と合流。

その後は目印も踏み跡も明瞭。


今回、下りは子向井山経由で下ったのだが、

途中で道に迷ってしまった。


目印や踏み跡が明瞭で良いペースで進んでいたが、


6I5A3436_920.jpg



たどり着いたこの鉄塔の先に道が見えない。


6I5A3438_920.jpg



とりあえず、進んでみるが、その後も全然踏み跡も目印も無い。


6I5A3440_920.jpg



おかしいなと思ってGPSを見ると、

やっぱり地図とは別の尾根に進んでいるようだ。


鉄塔まで引き返して、もう一つの登山道が続いてそうな尾根に行く。

が、やっぱり踏み跡も目印も見えない。


6I5A3444_920.jpg



おかしいなと思いつつも残り短いので、

GPS頼りに適当に下っても行けるだろうと進む。


が、GPSを見ると、まだ本来の尾根とは異なるような感じだ。

GPSを見ながらもう一つ隣の尾根に移動する。


6I5A3447_920.jpg



その後も登山道を見つけられなかったが、

GPSを頼りに進むとついに合流。

目印見つけるとほっとするね。


6I5A3449_920.jpg



その後は登山道をゆるりと下って下山。


6I5A3451_920.jpg



ほどなく林道とぶつかると、それを国道方面へ進み、

簡易パーキングへ戻った。


着替えて家路へ。


家に帰ってもう一度、地図と軌跡を確認すると、

ようやく間違えの全体像が分かった。


今回、通った鉄塔は本来通る鉄塔とは別のもので、

登山道はこの鉄塔の手前を別な尾根に行っているようだ。

どうりで地図と、自分が進んでいる場所がイマイチ一致しなかった訳だ。


fujiwaradake_note_route_160514_920_20160514234052c40.jpg



今回は時間も余裕があったし、

GPSで位置が把握できてたから良かったが、

遅い時間に間違えていたらだいぶピンチだったろうな。


やっぱり、おかしいと思ったら立ち止まって、

確実に登山道と思えるところまで戻って、

正しい道を探さないとな。反省。


これからは気を付けよう。



何はともあれ、無事に1000m程度の標高差はクリアした。

来週はさらに標高差を広げて、もう少し高山に行ってみようかな。

さて、どこに行こうか。。。






| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<嫁の誕生日祝い | ホーム | 久しぶりに山>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/586-be800a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |