祖父江 黄葉まつり 2016/11/26(土) 23:27
今日、嫁、優、嫁のお母さんとおばさん、うちの母ちゃんで
祖父江町の黄葉まつりに行ってきた。

天気も良く、黄葉具合も良く、なかなか良い感じだった。
夕飯は筑紫飯店で食べて、こちらもなかなか良かった。
最後にヴォクシーのバックドアをぶつけるというオチがあったが、
まー、良い一日だったと思う。




ぼちぼちな時間に起きて、お出かけ開始。
10:15ぐらいに母ちゃん家について、ぼちぼち走り、祖父江へ。

ちょうど昼時で祭り会場は混雑。
当然席はなく、道路の縁石に並んで食べる。
まー、ちょっと不便だが、暖かかったし、いっか。

6I5A7854_920.jpg


黄葉の時期は良い感じ。
ちょっと例年と異なるのが、銀杏の収穫がまだ終わってなかったこと。
収穫中の銀杏が結構見られた。

6I5A7845_920.jpg


木の枝に銀杏がびっしりのところも多かったし、

6I5A7893_920.jpg


落ちてる銀杏も多かったし、
結構今年は収穫量が多く感じたが、どうだったんだろう?

6I5A7849_920.jpg


食事を済ませ、散歩する。

今年は優がいるので、撮影は余りできない。
まー、しゃあない。
優が楽しそうなので、良いことだ。

6I5A7863_920.jpg


しかし、登山並みに肩への負担がでかい。
こんな感じのお出かけ続けたら、良い登山の訓練になるな。。。

6I5A7874_920.jpg


優は黄葉よりも電車。
まー、そうだよね。
赤い電車がいっぱい見れて良かったね。
名鉄の色はなかなか景色に映えるし、子供にも受けるし、良いね。

6I5A7889_920.jpg


ぼちぼちと歩いて、
黄葉を見て、
ニャンコを見て、

6I5A7907_920.jpg


祖父江を後に。
暖かくて良い日だった。


夜は母ちゃん家の近くにある筑紫飯店。
何度か訪れたことがあり、お気に入りの場所。

6I5A7917_920.jpg


席が良い。
座敷は広く、アットホームだ。
ゆとりがあるのは子供連れには特にうれしい。

6I5A7918_920.jpg


いつの間にやら2代目になったそうだ。

6I5A7919_920.jpg


まだ6時前だからだろうか、
料理はサクサク出てくる。これはとてもうれしい。

6I5A7920_920.jpg


2代目になっても料理の味は変わらず美味しい。
今日は人数が多かったので、いろいろ味わえて良かった。

6I5A7921_920.jpg


6I5A7924_920.jpg


6I5A7927_920.jpg


6I5A7929_920.jpg


6I5A7933_920.jpg


6I5A7941_920.jpg


6I5A7934_920.jpg


6I5A7943_920.jpg


6I5A7944_920.jpg



どの料理もおいしかったが、
特にシュウマイ、豚ヒレ肉のオイスターソース炒めが良かったかな。

皆満足してたようで良かった。

母ちゃんを送って、家路へ。

ヴォクシーになってバックドアがでかくなった。
自宅マンションの駐車場でいっぱいまで下がると、
バックドアが壁に干渉して開かない。

今日は満員乗車で珍しく、3列目を使った関係で、
普段使わないトランクに荷物を置いた。
で、バックドアを開かないと荷物が取れない。

いっぱいまで下がらず、バックドアが開く位置まで下げ、
バックドアを開けて荷物を取ったとき、
同じマンションの人の車が入ってきた。

おお、いかん、いかん、車を下げないと、あの人が入れないと、
急ぎ車を下げたら、バコっていう異常な音。
ちょっと呑み込めずにいたが、分かってガッカリする。

バックドアを開いたままなことを忘れていたのだ。
で、そのまま下がってしまったからバックドアが壁に当たったのだ。

いやー、やっちまった。高くつくな。。。
ちょっと、いや、だいぶ、
ステップワゴンの横開きのコンパクトなドアがうらやましかった。

不幸中の幸いとしては、レガシィの改造で金銭感覚がマヒし、
ショックが小さく済んだこと。一種のワクチンか?
心の被害は少なく済んだから、皆さんにもワクチンおすすめ(ウソ)。

最後にオチがあったものの、今日は全体的に良い日だった。
銀杏まつりも筑紫飯店もまたいつか行こう。


| 車でおでかけ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<先週のこと | ホーム | とりあえず。来週からはフリーだ。>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/621-aae870e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |