猿投山 2017/01/22(日) 21:56
久しぶりに山に登ってきた。
自宅近くの猿投山。

景色は特筆するものないけど、
久しぶりに登れて満足。

来週は天気が良かったら鈴鹿に行きたいな。



今回のルート

sanageyama_20170122.jpg




土日の天気はどちらもパッとしない予報。
イマイチだ。

で、ダラダラ夜更かしして土曜起きるとなかなか良い天気。
天気予報、先週大雪だったから大げさに言いおったな。
いつもこのパターンだ。精度は向上したが、考え方の進歩が無い。。。

で、日曜は愛知なら昼過ぎまで良さげな感じ。
こりゃ、近くの猿投山に登るとするか。

日曜、9時に起きて、ダラダラして、だいぶ遅れて10:30出発。
猿投山の駐車場は運よく1台出て行ったところに止めたが満車だった。

6I5A8704_920.jpg



道路にも御覧のとおり。
さすが街から近い山、人気だな。

6I5A8705_920.jpg



前回、周遊ルートを通れなかったので、今回は周遊ルートを行く。
城ヶ峰経由の尾根道の入り口はこんなにも目立たないとこ。
看板、作ってほしいなぁ。

6I5A8706_920.jpg



最初はちょっと暗い植林の中。
入り口は分かり辛いが、道はしっかりしている。

6I5A8707_920.jpg



程なく尾根道に。
道は傾斜が強くなく楽ちんである。
ただ、その分、距離は長い。

6I5A8709_920.jpg



景色は基本的には開けないが、2つほど見れる場所がある。
その一つが城ヶ峰でぼちぼちな感じ。
大岩展望台の方が景色が良いが、退屈な登山道で景色が開けるのは嬉しい。

6I5A8713_920.jpg



城ヶ峰経由のルートはちょっと時間がかかるし、景色もほぼ開けないが、静かなのが良い。
聞きたくない話を聞いて歩いたり、ガヤガヤ騒がしい人の近くを歩かなくて良いのは、
雰囲気重視の伸二郎にとってはとてもありがたいこと。

6I5A8722_920.jpg



そんな静かな登山はメインルートとの合流で終わり。
ここからは前回通った道、天気も悪くなってきたし、安心感がある道はありがたい。

そして、トイレが途中にあるのもまたすごくありがたい。
ルートの終盤にあって、場所もナイス。

6I5A8729_920.jpg




ここから頂上は意外に遠い。
登山道に表れてきた雪に注意して歩いていくと東宮。
安全と家族の健康を祈願して頂上へと向かう。

6I5A8734_920.jpg



頂上は雪が結構残っていて寒かった。
着込んで暖かなコーヒーとお菓子で休憩。

6I5A8737_920.jpg



景色はイマイチだったが、今日は登ることが目的だから良しとするか。

6I5A8738_920.jpg



しばし休憩したのち、圧雪に滑らないように注意して下山。

6I5A8742_920.jpg


下りはメインルートでサクッと下る。
最後はこちらも久しぶりのウンコ波との戦いとなったが、
無事に勝利して登山終了。

久しぶりの登山、距離は短かったが、登ったことに満足。
来週は鈴鹿でもう少し標高差を上げていくか。
どこ行こうかな?


| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<昨日のこと | ホーム | 里帰る>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/636-ab5aef63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |