蓼科山 2017/02/12(日) 23:46
今日、蓼科山に登ってきた。

快晴の景色が楽しめると思って登ったが、
案外雲が多く、景色はそれほど良くなかった。

まー、それでも久しぶりに長野の山に登ったし、
下りはシリセードを楽しめたし、良しとするか。

次こそはスカッとした高山の景色を楽しみたいな。

6I5A9092_920.jpg



行程:
2/11 自宅 → 女神茶屋登山口P(車中泊)
2/12 女神茶屋 → 蓼科山 → 女神茶屋 → 自宅


2/11
今週は強い寒気が入って愛知でも雪が降っていたが、
きっと日曜は晴れると予想。天気予報も松本、飯田は晴れになった。
やっぱり晴れる。快晴だと思って出発。

途中の道は所々雪があったが、飯田、伊那と走るが、雪が少ない。
どうも、長野県南部はあまり雪が降らなかったようだ。

おかげでなかなかのハイペースで進む。
最後、登山口近くではさすがに圧雪路となったが、4WDパワーは素晴らしく、
楽しんで走ることができた。4WDにして良かった。


2/12
寒さで目が覚める。
ダブルシュラフにして寝たが、それでもまだ寒さを感じるとは。
気温は-15℃位か。さすが八ヶ岳近辺は寒さが厳しいな。

おかげで寝坊である。
前泊してるのに当日来てる人より遅いとは。
まー、しっかり駐車場に止めれてるので意味はあるのだ。

6I5A9055_920.jpg



食事を済ませ、着替えて8:30出発。
静かな樹林帯はなかなかいい感じである。

6I5A9056_920.jpg



最初は平坦な樹林帯だが、その後は急登が続く。
アイゼンは最初の急登からつけた。
登山口からつけても良かったな。

6I5A9060_920.jpg



一度平坦な場所に出て、再び急登を過ぎれば2113mの展望地。
南八ツや南アが美しい。

6I5A9063_920.jpg



ここは平坦な場所があるせいか、テントも2張ほどあった。
登山口から近いけど、ここに泊まって夕日でも見てるのだろうか?

6I5A9064_920.jpg



その後は再び急登が続く。
木々にエビのしっぽが増えてきたら森林限界はもうすぐだ。

6I5A9070_920.jpg



久しぶりの森林限界の景色は素晴らしかった。
やっぱり高山はこうでなくっちゃ。

6I5A9087_920.jpg



景色も開けて実に気持ちが良い。

6I5A9092_920.jpg



直ぐ近くには北横岳。
山というよりなんか変わった生き物みたいだ。

6I5A9094_920.jpg



森林限界からすぐに頂上に着いた。
天気は思ったほどよくなく、ちょっと残念。

6I5A9108_920.jpg



北アルプスも雲に阻まれて見えない。

6I5A9114_920.jpg



浅間山も見えないし、ちょっとつまらないなぁ。
風も強いし、そそくさと風裏で食事を始める。
今日は南八ツを見ながらカップ麺。

6I5A9124_920.jpg


6I5A9125_920.jpg



風裏とはいえ、回り込んでくる風があるし、何よりも気温が低くて寒い。
当たり前だが高山は寒い。。。
てなわけで、まったりはできず下山。

下山はもちろんシリセード。
樹林帯上部は傾斜も強く、ヒップソリ無しで気持ちよく滑れる。

途中から傾斜が弱くなるとこいつの出番。
岩があったり、狭かったり、曲がってたりとちょっと滑りにくいところあったが、
最後まで楽しむことができた。

6I5A9143_920.jpg



車に戻って着替えを済ませて帰宅。

帰り道、ガソリンスタンドでこんな感じで汚れた車を洗車したが、

6I5A9145_920.jpg



家の近くの橋でバリバリ塩化カルシウムが巻かれていた。
せっかくきれいにしたのに。。。

今週はイマイチ消化不良気味だったので、
スッキリ爽快な登山をしたいな。
来週日曜、快晴を期待してます!


| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<モヤモヤ | ホーム | ようやく>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/640-17cd9ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |