脛骨、腓骨骨折経過 2017/12/29(金) 22:10
今日は寒かったねー。
優と外に遊びに行ったが、あまりに寒いのでお父さんはギブアップ。
次はもっと厚着して外いこっと。

さて、先週金曜日の事だが、骨折の経過診察をしてきた。
骨はほぼ完治かな(矢印以外に8月とあまり差を感じない)。
後は手術してプレート抜くのみだが、医者は相変わらず乗り気でない。
でももう抜くって決意したから抜くのだ。
来年3月か4月かな。

 


レントゲンで見ると、8月よりさらに骨はしっかりした感じ。
もう骨の強度はほぼ完治なんだろうな。

syoumen_156_vs_297.jpg





yokokakudai_156_vs_297.jpg





術後と比べると差が良く分かる。
骨が無く、黒い部分が白く滑らかにつながっている。
ただ、腓骨はイマイチ良く分からん。。。

syoumen_jutugo_vs_297.jpg




yokokakudai_jutugo_vs_297.jpg




ジョギングも10km程度なら問題なくできるし、
まぁほぼ完治かな。

ボルト、プレートはそのままでも問題ないそうだが、
登山の時、くるぶしのボルトのでっぱりが当たると痛いのと、
膝のボルト部、くるぶし外側の腓骨のプレート部を強めに当てると痛いし、
足を右足側に曲げると膝の内側が痛むので
膝のところの貫通したボルトが筋肉にあたっているのだろうから、
まずはボルト、プレートは必ず抜く。

脛骨の中を貫く髄内釘はそのままでも良さそうと言えばそうだが、
元々の体の状態をなるべく復活させたい。
骨髄も意味なく足の中にあるわけではないだろうから。
復活に何年かかるかわからないし、復活しないかもしれないけど、
身体の持つ復活力を信じてみようと思う。

てなわけでもう抜くって決めた。
医者がウダウダいっても抜くのだ。


さて、今年も残りわずか。
身体に気を付けてボチボチ過ごしますか。。。


| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<まったり年末 | ホーム | メリークリスマス>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/696-31597f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |