抜釘 2018/05/01(火) 20:01
4/25に脛骨、腓骨の抜釘手術を受けた。

手術自体は結構あっさり終わって、足もそれほど痛くなかったのだが、
脊椎麻酔(下半身麻酔)の影響で頭痛が酷く、寝てばっかだった。

だから足の状態がイマイチわからないが、
たどたどしくも松葉無しで歩けるのでとりあえずは安心。

連休前半は頭痛で寝て終わったので、後半、頭痛が治まったら家族でお出かけしたいな。
さらに夏には登山とかしたいな。よく食べ、良く寝て早く治そ。



術後の静養期間がとれるように抜釘手術はGW前を選んだ。
入院期間は3.5日と短い。
1日目 PM入院
2日目 手術
4日目 退院
てな感じ

痛みは骨折時の半分くらいか。
手術の次の日にはかなり痛みが引く。
術後3日目(手術の次の次の日)からは松葉無しで歩ける。




4/24PMから入院。
もう入院は3回目とあって部屋も見慣れたもんだ。

夕食が終わると以降は食べちゃいかんとな。
お腹すいちゃうね。


4/25(手術当日)
朝から点滴して病人モード。
昼からお呼びがかかって歩いて手術台へ。
希望して抜くとはいえ、なんだか憂鬱だ。

最初に下半身麻酔。
びくびくして構えるが、それほど痛くなかった。

麻酔がほどほど効いてきたころ、まずは腓骨のプレート除去開始。
カーテンで視界が遮られており、手術の様子は見えないが、
感覚はあるのでなんとなくやってることが分かる。

皮膚を切る際、チクっとする。完全には麻酔が効いてないのか?
その後、ボルトを取ってプレートをゴリゴリやって外れたっぽい。

お次は脛骨髄内釘。
ボルトを取った後、ザクっと膝を切る。いやホント、ザクっと深く。
その後、髄内釘をまず出すために丸鑿とかで上の骨に穴をあける。

で、髄内釘にアタッチメントを付けてスライディングハンマーで30回位で抜けた。
思ったより簡単に抜けたな。

で、傷口を縫い合わせて終わり。
手術開始から1.5時間位だろうか。結構すんなり終わって良かった。


手術後にレントゲンを撮り、再骨折とかボルトなどの忘れものが無いかチェック。
問題無し。

180425_syoumen_1.jpg





髄内釘が抜けてスッキリだ。

syoumen_hikaku.jpg





yoko_hikaku.jpg





抜いた奴はこんなん。

これが脛骨髄内釘。
先端(右)がやや尖っている。
素材であるチタンの色合い。

6I5A5905.jpg






こんな感じでボルトで骨に固定される。

6I5A5908.jpg






先端と反対側(膝付近になる部分)は内側にネジが切られており、
抜釘の時はそこにスライディングハンマー用のアタッチメントを付ける。

6I5A5910.jpg





骨に埋め込まれている間、ネジ山が埋まらない様に矢印のやつで蓋がしてある。

6I5A5909.jpg






腓骨のプレートはこんなん。
ボルト多いな。

6I5A5912.jpg






6I5A5913.jpg





ボルト、プレートは医療用であるため、家庭で捨てれない為、
写真を撮って返却した。


さて、
手術当日は痛くてあまり眠れなかったが、痛みは痛み止めで耐えられるレベルだった。
骨折時に比べればだいぶ痛みは少ない。

IMG_20180427_080423.jpg





熱は出ていたが、骨折時に比べて大したことない。
(骨折時は毎日39℃近く出ていた)

IMG_20180426_182701.jpg





4/26(術後1日)

痛みはさらに減って夜も眠れるようになるが、
代わりに頭痛がするようになった。
座ってても立ってても、身体を起こすと頭が痛い。
おかげでずっと寝たままだ。

暇である。
スマホも見飽きる。

昼過ぎに応援団がくるのが唯一の楽しみだ。

IMG_20180424_143612.jpg





4/27(術後2日)

今日は退院である。
試しに歩くと、ぎこちないながらも自分の足で歩ける。
ただし、頭痛が酷いので距離を歩けない。

医者には皮膚の下を溶ける糸で縫っているので抜糸は要らない、
特に心配がない限り、診察も行わない。今日で治療終了と言われる。
歩行や運動などは自分で足の傷み具合とかと相談しながらやってってとのこと。

さすが、スパルタン病院。
まー、本来の姿かもしれん。無用な診察時間が無くなってお互いハッピーだ。


ただ、医者と看護師の考えは異なっているのか、看護師に松葉は要らんというが、
もってけと押し通される。荷物になるのに。。。

で頭の痛みに苦しみなが病院を後に。
家の布団は快適だ。



4/28(術後3日)

朝起きた時から頭が痛い。
日中も起きると頭が痛い。
30分と足ったり座ったししていられない。

足は痛みも少ない。痛み止めも使わなくなった。

早く治るように今日からプロテイン&カルシウム増強だ。
今回のプロテインはグリコ。
ザバスより200円安かったから買ったが、かなり良い。

6I5A5915.jpg





何が良いかというと美味しいのだ。
ザバスは後味がなんとなくまずいのだが、
グリコは本当にココアのようで美味しい。気分よく飲める。
さすがお菓子の会社と思ったが、ザバスも明治だからチョコ作ってるはずなのに。。。

さらに、骨折でなく、普通に飲むプロテインとしても良い。
鉄分が入っているのだ。

6I5A5917.jpg





マラソン練習をやってきて、日曜に長距離走ると月、火はボケーっとなっていた。
疲れが取れてないからだと思うのだが、その原因の一つが酸素量不足っぽかった。

ちょうど試してガッテンでスポーツ選手の貧血(=酸素不足)についてやっていて、
その原因の一つが鉄分不足と言っていた。
スポーツすることで赤血球の数値が減って血中の酸素濃度が減ってしまうそうだ。

だからぼけーっとしてたのか俺。
これからは疲れも残らないぞ。早く復活したいな。



さて、横道それてしまったが、抜釘に戻ると
夜にガーゼを取り替えた。

傷口はこんな感じで表皮は糸でなくテープで止まっている。
これが自然とぼろぼろになると傷が治るころだそうだ。
かさぶたと同じ用に考えてと言われたが、イメージはちょと違うな。

なお、写真のは一番きれいなところで、これ以外のところは血が着いていた。

IMG_20180428_192745.jpg





4/29(術後4日)

朝から頭痛が続く。
今日も何もせずほぼ寝て過ごす。



4/30(術後5日)

朝から頭痛があるが、少し良くなった。
立った時の頭痛も少しだけ良くなった。
が、基本的には変わらないのできょうも寝て過ごす。


5/1(術後6日)

朝の頭痛はもうちょっと良くなる。
立った時の頭痛はだいぶ良くなる。
30分以上立っていられることもしばしば。

ようやくPCに向き合えるようになる。
30分ほどPCやっては寝て、痛みが治まったらまたやる様な感じ。

で、このブログ記事をようやく書き終わる。
きつかった。




連休前半は寝て終わったので後半は家族でお出かけできると良いな。
頭痛早く治れー!!!



| ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<GW後半はボチボチと | ホーム | まあ、ぼちぼちと>>
コメント
クギベラ 2018/05/02(水) 12:24
抜釘手術、大変でしたね!

骨折の記事も読んでると痛くなってきましたが、今回の手術の記事も自分の体にメスが入れられる感覚、背筋が寒くなりながら読ませてもらいました。
それにしても、ごついプレートですね。
これが脚に入っていたのか・・・

伸二郎さんの骨折以来、シリセードは細心の注意を払ってやるようになりました。
本当に、明日は我が身だなぁと。

早く回復して山に復帰できるように祈っています!


スポーツでの貧血(=酸素不足)
なるほど。 ただでさえ貧血気味の私は、意識的に鉄分やその他のサプリも意識的に取って行こうと思いました。
勉強になります!

ではお体にお気をつけて。
楽しいGWになりますように!
◆硬い雪のシリセードは注意 伸二郎 2018/05/02(水) 19:53
クギベラさん、どーも。

いつもブログ楽しく拝見してます。
トルコとか、行ってみたいなー。
特にブルーモスクは行ってみたい。

怪我はやっぱり嫌ですね。手術もその後も大変です。
とにもかくにも健康が一番です。
この歳になって痛感するようになりました。
硬い雪面はシリセードだと危険ですのでご注意を。

鉄分、サプリでなく、お茶をやかんで作るときに鉄(売ってるらしい)を入れたり、
鉄のフライパンで料理をしたりしても良いらしいですよ。
効果はわからないかもしれませんが、ご参考に。

5月は緑も美しく、気温もちょうど良く山には良い季節ですね。
怪我に気を付けて良い山旅を。

ではでは。
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/720-262cbde6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |