街中おいでんはもうひとつ。本番は頑張ろう。 2019/07/14(日) 22:27
土曜は豊スタおいでん。
天気もイマイチでちょっと優は気分が乗りきらなかったよう。
本番はきっと晴れるから頑張ろう。


6I5A3627.jpg






日曜はトヨタ博物館。
初めて訪れたが、家族連れの行くところではないかな。
旧車好き以外はお勧めしない。
※下の写真は実車に見えるかもしれないが、記念写真ボード。。。

6I5A3704.jpg


今年は例年になく梅雨らしい日が続き、土曜も曇り&雨模様。
昼前に希が出かけたいというのでちょっと早いかと思いながらも豊スタへ。

お腹が空いたからまずはご飯。
屋台はちょっと少なかったかな。
まずはソーキそば。味は良かったが700円の割に量が少なかったのが残念。

6I5A3578.jpg








ソーキそばだけでは足りないので塩焼き蕎麦を買いに行くが、すんごい待って腹がへった。。。
もうちょい屋台の数が出て欲しかったな。。。

6I5A3579.jpg








デザートはかき氷。
適度な量と値段で良かった。

6I5A3581.jpg








例年、車の展示があるのも豊スタおいでんらしい。

6I5A3583.jpg








さて、おいでんまでだいぶ時間があるので時間つぶし。
地元中学生が催しを行っていたので、それを見に行く。

さすがにまだ子供なので不慣れな感じだったが、それでも頑張ってる姿は良いものである。
来年はぜひ今年の結果を踏まえてより来てくれた人が楽しめるような感じにして欲しい。

6I5A3585.jpg








6I5A3586.jpg








6I5A3593.jpg









6I5A3603.jpg









6I5A3605.jpg








6I5A3597.jpg









外ではストライダー(ペダルの無い自転車)のレースが行われており、体験コーナーもあった。
優がやりたいと言うので試してみたが、なかなかうまいことできない。
もっと続けてやっていればちょっとコツをつかみそうだったが、早々に終了。
今度は自転車買って練習してみようかね。

6I5A3612.jpg








その後、雨が強くなってきたので一時車で休憩して、いよいよおいでんスタート。
前年に人が多かったところが少なくなっていたり、おなじみの所が見えなくなったり、
新しいところが出たりと変化が結構あった。

優は毎年お気に入りのグループにずっと着いて回るが、今年はここがお気に入りだった。

6I5A3627.jpg









おいでんの途中は恒例の豊田市ご当地アイドルのライブ。
去年よりダンスにキレがあった。頑張ってるんだね。

6I5A3636.jpg








希は昼寝の後は調子が上がらなかったが、おいでんが終わったころ調子が出てきた。
来年は踊りの時に調子を合わせにいこう。

6I5A3646.jpg









日曜。
今日も走りはイマイチ(1:53:56@21.1km)
水曜日を10kmにしたからか、スタミナが持たない。
ハーフに向けてはまずスピードUPが重要と思っていたが、
目指すペースで21km走りきるスタミナの方が大事かも。
どこかで水曜15kmを復活しようかな。。。

午後はトヨタ博物館のタダ券をもらったので行ってみる。
15時位についてびっくり。なんと人気があるため、駐車場が満車で臨時駐車場へ。
しかも県外ナンバー率がすごく多い。全然人気ないと思い込んでいただけに驚いた。

展示は主に旧車である。
2Fは自動車の黎明期から第2次世界大戦後(1950年代)までの車。
なかなかの旧車具合である。

6I5A3666.jpg








大珍しい、どーれまたがって記念撮影でもと思いきや、
貴重な旧車ゆえ、そんなことはできず、見てるだけ。
近くから撮影できるから旧車好きにはたまらんのかもしれないが、
子供にはただ見てるだけでは退屈なばかり。

とりあえず記念撮影位はするが、ほぼスルーな感じで楽しめない。

6I5A3674.jpg







6I5A3678.jpg








伸二郎もそんなに旧車好きでも無いのであまり楽しくない。。。

そんな中でちょっと気になったのがメルセデスの技術力。
1935年!にスーパーチャージャー付! 5L 8気筒。

6I5A3675.jpg








メルセデス300SL。
1955年にこの美しいスタイルと3L直6 215PSのスペック。
本当にメルセデスの技術力は凄い。

6I5A3683.jpg








さて、そんなオッサンの興味は子供には全くなく、とても退屈な様子だが、
唯一の救いはスタンプラリーがあったこと。
いやー、これが無いと本当に子供はやっとれんかったと思う。

6I5A3684.jpg









3Fは1950年代~現代まで。
旧車時代に比べてだいぶ車がコンパクトになった。

6I5A3713.jpg








このフロアは日本車もだいぶ展示してあり、おなじみの車の旧車も見られた。
シルビア、だいぶ感じが違うが、独特のオーラがあった。

6I5A3702.jpg








トヨタ200GT。いままで感じなかったが現車はとても美しいスタイリングだった。
世界に通用するグランツーリスモをと書かれていたが、本当にその通りの車だった。
当時の技術者に敬意を表します。

6I5A3698.jpg








3Fの目立つところにトヨタクラウンの展示があった。
生産は1955年。メルセデスの300SLと同じ年である。
当時いかにメルセデスの技術力が優れいていたかが良く分かる。

6I5A3710.jpg








トヨタ博物館では季節展示をよくしているが、今はスポーツカー展だった。
いつの時代もスポーツカーは美しく、あこがれの的である。

6I5A3729.jpg








そんな中、ちょっと変わったスポーツカー発見。
オースチン ヒーレー スプライト(イギリス 1958)
なんとも愛らしい。個人的には旧車ならこんなんに乗ってみたい。遅くても楽しそう。

6I5A3733.jpg








車両展示の他にもミニカーだったり、ポスターだったり、の展示があるが、
ここも子供にはちょっとな感じ。伸二郎もあまり興味が湧かんかった。

6I5A3739.jpg








そんな中気になったのが今各地にあるご当地ナンバー。
伸二郎は特に平泉が気になったが、優は仙台のが好きだそうだ。
七夕祭りのぼんぼり?が綺麗だからかな。
つくばのナンバーも渋くていい感じだ。。。

6I5A3753.jpg








車に乗れないのがずっと続いたが、最後に乗れる場所がある。
やっぱ、乗らないと子供は楽しくないよね。

6I5A3759.jpg







タイのトゥクトゥク。

6I5A3771.jpg









パトカー。

6I5A3782.jpg








最後はお土産ショップとカフェがあるが、どちらも大人向けで子供にはちょっとな感じ。
個人的に気になったがカレー。
車好きならおひとついかが?

6I5A3795.jpg









トヨタ博物館は上記の通り旧車好きには良いが、子供には面白くない場所なので、
家族で行くのは余りお勧めで無いかな。
車好きの大人同士で行くのをお勧めします。

来週はそろそろ梅雨も終わるんではないかと勝手に期待して水遊びかなー。。。

| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<レガシィの構造変更(改造申請) | ホーム | 土日の事。>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/786-e42b8271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |