携帯トイレ 2008/10/26(日) 20:02
我が人生初の携帯トイレを買った。

5ヶ1080円なり。

これで山の環境と登山道の雰囲気は守られるはずである。
みなさんも携帯した方が良い、いや、
山小屋が締まるこの時期の登山では必須ですぞ。

携帯トイレ 袋

事の発端は先週の笠ヶ岳登山。

鏡平で浮かれポンチになっていた伸二郎に突然訪れた強烈なウンコ波。
鏡平山荘の外トイレに行くが、なんと閉まっているではないか!

その後、たびたび訪れるウンコ波を根性でしのいで行くが、
2時間くらいかかる双六小屋まで我慢することは厳しいと判断し、
登山道脇の茂みでやってしまいました。

今までは途中の山小屋で済ませることができたが、
山小屋が閉まっている秋山シーズンではそれも無理。

小ならペットボトルでしのげるものの、大は無理。
こいつは買うしかねーと今回の買い物にいたった。
もう秋山シーズンのウンコ波も怖くねーぜ。


山でやる前に一度使用法を確認しておくかと中身を見る。
セット内容は
・サニタリー袋(ブツを入れるもの)×5
・持ち運び用高気密チャック袋(サニタリー袋を入れて密閉する袋)×2

携帯トイレ 内容

ん、チャック袋少なくないか?と疑問に思った人、正解。
3つ目以降は臭いのを我慢してと言うことだろう。
。。。コラっメーカー、消費者なめんなよ!

で、使用方法は
①サニタリー袋を広げて、口を折り返す。
②中に張り付いている吸水シート(A3サイズ位)めがけてやる。
③口を締めて、さらにチャック袋に入れておしまい。
簡単だ。

携帯トイレ 使用例

チャック袋が少ないからどうしようかと思ったが、
こいつがあるじゃねーかと気付く。
ジップロック!

ジップロック 外箱

低コストかつ信頼性も十分。
こいつを2重にして使うぜ。

ジップロック 中身

これで万全だが、一つ気になるのは
やったブツをザックに担いだまま山を登るというのが、
どこか気分的にイマイチな気がすることか。。。

テーマ:登山・山歩き・散策 - ジャンル:日記

| 登山 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<追悼 グッチ | ホーム | 素晴しき笠ヶ岳>>
コメント
コメントの投稿欄












トラックバック
トラックバックURL
→http://donneko1.blog90.fc2.com/tb.php/84-ab0ce011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |